【初心者でもわかる】ワードプレス 固定ページの使い方を徹底解説

ワードプレス 固定ページの使い方
ホームページの作り方に関する記事一覧はこちらをご参照ください。
【ここだけ見れば作れちゃう!】初心者向けホームページの作り方まとめ
 

本記事では、ワードプレスを初めて触る初心者の方を対象に、ワードプレスの固定ページの使い方について説明していきます。
 

ここでは、固定ページ機能の概要、固定ページの親子関係、ビジュアルエディタとテキストエディタの違いや画像の載せ方、見出しの付け方、改行など基本機能について一通り説明していきます。
 

【メルマガ登録はこちら!!】
ワードプレスの便利な使い方情報をGET

WordPress 自分でホームページ・ブログを作成したい個人事業主のためのWebスクール・教室 ウェブストエイト

 

 

WordPress 固定ページとは

ワードプレス 固定ページ
 

ワードプレスの固定ページとは、「会社情報」や「お問い合わせ」のように、ページ単体で完結できるようなページを作成する際に利用する機能です。
 

■例)固定ページで作成したお問い合わせページ
ワードプレス固定ページの例
 

固定ページと投稿の違い

投稿と固定ページとの違いはなんなんでしょうか??
投稿と固定ページは似ているんですが、一般的に固定ページでは「会社情報」や「お問い合わせ」など決まった位置に決まった内容で表示しておきたいページを固定ページで作成します。
固定ページで作成したページは投稿一覧の中には表示されません。
 

固定ページと同様にページを作成する機能に「投稿」という機能があります。
 

ワードプレスの投稿と固定ページの違い
 

「投稿」はカテゴリーやタグによりページ同士をジャンル分けして一覧表示することができるのに対して、「固定ページ」は通常カテゴリーやタグという概念がなく、ページ単体で独立しています。
 

したがって、会社情報やお問い合わせなどページ単体で独立しているコンテンツを利用する際は、固定ページを利用するのが一般的です。
 

項目投稿固定ページ
特徴 ブログのようなコンテンツは投稿で作成する
例)コラム、技術情報、お知らせ・ニュース、イベント、商品ページなど
ページ単体で完結できるようなコンテンツを書くのに向いている。
例)トップページ、会社情報、お問い合わせ、アクセス、採用情報、ランディングページなど
できること
  • カテゴリー・タグによる投稿の関連付けができる
  • 投稿一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧から各ページを一覧表示できる
  • 複数のブログタイプ(カスタム投稿タイプ)を作ることができる
  • 固定ページ同士で親子関係を作ることができる
  • ページごとにデザインテンプレートを作成・選ぶことができる
できないこと
  • 投稿同士で親子関係を作ることができない。
  • ページごとにデザインテンプレートを選択することができない。
  • カテゴリー・タグによる投稿の関連付けができない
  • 固定ページ一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧などで各ページを一覧表示できない

 

投稿の使い方は「【初心者でもわかる】ワードプレスの投稿方法を徹底解説!」をご参照ください。

 

まずは固定ページを作成してみよう

まず試しに固定ページを作成してみましょう。固定ページを作成するためには、固定ページ>新規追加を押下します。
ワードプレス 固定ページの新規追加
 

ここではタイトルと本文を下記のように入力して「公開」ボタンを押すと固定ページが公開されます。
ワードプレス固定ページの使い方の基本
 

変更をプレビューボタンを押してみましょう。
変更をプレビューボタンを押下する
 

作成した固定ページのプレビューを確認することができます。
固定ページのプレビュー画面
 

▲▲目次に戻る▲▲

固定ページの作成方法と主な機能

それでは固定ページの詳細な使い方について触れていきます。ここでは固定ページの作成方法と主な機能について説明していきます。

ワードプレス固定ページの説明
 

固定ページの本文の使い方を覚えよう

まずは固定ページ本文の使い方を覚えましょう。

本文の入力と改行の仕方を覚えよう

まずは、本文を入力していきましょう。
「Enter」キーを押すと改行できます(※注)
投稿で文章を入力する。Enterで改行
 

(※注)Enterによる改行とShift+Enterによる改行の違い

Enterによる改行は、前後で段落が変わり余白がつきます。
一方、Shift + Enterによる改行は、段落を変えずに単純に改行だけになります(余白がつきません。)

Enterによる改行とShift+Enterによる改行の違い

 

本文の入力ができるようになったら、上部のツールバーを利用して本文を装飾をしていきましょう。
WordPresss エディター画面 ツールバー
 

本文に見出しを使おう

本文中に見出しを使う方法をご紹介します。
WordPresss エディター画面 見出しの設定
 

見出しにしたい行でマウスカーソルを合わせて、段落を見出し2に変えてみましょう。

 

見出しってなんでしょうか?見出し2を使わないといけないんですか??
見出しは本の章みたいなものです。通常、投稿のタイトルに見出し1が使われているので、投稿本文では見出し2〜6を利用するのが一般的です。
なるほど!ちなみに見出し2〜6って複数あるのは何故なんでしょうか?
見出しは階層を持つことができます。
h1が本のタイトルに相当して、h2は第1章・第2章、h3は第1-1章、第1-2章、h4は第1-1-1章、1-1-2章のような階層ですね
 

見出しとは本の章のようなもので、見出しをつけることで文章が読みやすくなりSEO対策にもなりますので、適切な見出しをつけるようにしましょう。
 

リスト(箇条書き)を使おう

本文中にリスト(箇条書き)を使う方法をご紹介します。
WordPresss エディター画面 リストの設定
 

リスト(箇条書き)にしたい行にマウスカーソルを合わせてリストアイコンをクリックしてみましょう。リストには順序なしリストと順序ありリストの2つがあります。

 

対象の行だけ上手く装飾できない場合は

見出しもリストも設定は段落ごとになります。
 

先ほど説明した「Shift+Enter」で段落を変えずに改行だけしている場合は、同じ段落内である複数行すべてが見出しになったりするのでご注意ください。
 

この場合は一度BackSpaceキーなどで戻り、改めて「Enter」キーで段落を変えて改行すると上手くいくようにあります。

 

(補足)プラグインでツールバーの項目を増やそう

TinyMCE Advancedなどのプラグインを利用すると、ツールバーの項目を増やして、字色を変えたり、フォントの設定をしたりすることができるようになります。
 
TinyMCE Advancedインストール後のWordPress ビジュアルエディタの状態
 

「メディアを追加」で画像を追加する

 
画像や動画を追加するためには、追加したい場所にカーソルを合わせて「メディアを追加」から画像を追加することができます。

 

ワードプレスでは画像をアップロードすると「フルサイズ(オリジナルサイズ)」の他に、大サイズ、中サイズ、サムネイルなどに複数サイズを自動生成され、投稿時にサイズを選ぶことができます(上記の動画後半部分)
 

▲▲目次に戻る▲▲

固定ページのビジュアルエディタとテキストエディタ

編集画面では、HTMLなどのコードを知らなくてもビジュアル的に記事を編集・表示してくれるビジュアルエディタHTMLで細かい書き方ができるテキストエディタがあります。
 

下記はビジュアルエディタです。HTML文を知らなくても視覚的に記事を作成できます。

WordPress ビジュアルエディタ HTML文を知らなくても視覚的に記事を作成することができる

WordPress ビジュアルエディタ

 

下記はテキストエディタです。HTML文で記述することができます。

WordPress テキストエディタ HTML文で記述することができる。ビジュアルエディタで書いたものもHTML表記されている。

WordPress テキストエディタ

 

ビジュアルエディタでは、HTML文を知らなくても視覚的に記事を作成でき、書きやすいので、はじめはこちらのビジュアルエディタを利用して文章を書くと良いと思います。一方、HTML文がわかる方は、テキストエディタでCSSを使って装飾をしながらブログを作成することができます。
 

▲▲目次に戻る▲▲

固定ページでアイキャッチを追加する

固定ページでは「アイキャッチ」という、いわゆるサムネイル表示機能があります。アイキャッチを設定していると、FacebookやTwitterでシェアした際にアイキャッチに設定した画像を表示することができます。
 

アイキャッチは固定ページ編集画面右下の「アイキャッチ画像を設定」から設定することができます。
アイキャッチの設定
 

前述に説明した画像の追加と同じように、画像ファイルを指定してアイキャッチ画像を設定します。

アイキャッチ画像を追加

アイキャッチ画像を追加

 

▲▲目次に戻る▲▲

固定ページで記事のURLを変更する

 
固定ページのURLは下記の編集ボタンより変更することができます。
ワードプレス 固定ページ URL 編集
 

初期状態は、固定ページのタイトルがURLに設定されています。本サイトでは英語表記に変更することをオススメしています。

▲▲目次に戻る▲▲

固定ページを公開する

 
固定ページの内容が完成したら公開ボタンを押下します。
固定ページを公開する
 

(※)まだ作成途中で公開はしたくないが、一旦保存したい場合は「下書きとして保存する」ボタンを押下します。
固定ページを一旦下書きとして保存する
 

固定ページの編集画面 URLをクリックすると固定ページが表示できます。
固定ページの編集画面 URLをクリックすると固定ページが表示されます

固定ページが表示されます。
作成した固定ページの表示画面
 

なお、固定ページは投稿のように一覧には表示されないのでメニューバーなどに固定ページを表示する設定が必要になります。

メニューバーで固定ページを表示する方法は「WordPressの使い方 メニューバーの作り方」の記事をご参照ください。

 

パスワード付き固定ページを作成する

公開範囲を設定することもできます。公開状態の項目で編集ボタンを押下します。
公開状態で編集ボタンを押下
 

固定ページにパスワードをつけることができます。
記事にパスワードを設定することができる
 

パスワード保護設定をしたページについては、パスワードを知っている人だけがページを閲覧できるようになります。
パスワード設定した固定ページの表示画面。パスワード入力を求められます

テンプレートを変更する

ページによってはサイドバーありページとサイドバーなし(1カラム)ページなどレイアウトを変えたい場合があると思います。
 

固定ページでは、あらかじめ固定ページで複数のテンプレートを用意している場合があります(どのようなテンプレイートが用意されているかについては、適用しているテーマによって変わります)。
 

ここでは固定ページのテンプレートの変更方法は、右側にある「テンプレート」から変更できます。(※)テンプレート名や種類は適用しているテーマによって異なります。
固定ページのテンプレートの変更
 

ここでは1カラムレイアウトのランディングページを選択します。テンプレート変更後は、「更新」ボタンを押してください。
ワードプレス テンプレート変更後は更新ボタンを押す
 

ワンカラムの固定ページになっています。以上で設定は完了です。

 

▲▲目次に戻る▲▲

 

まとめ

今回はワードプレスを初めて触る方を対象に、ワードプレスの固定ページの使い方について説明しました。
 

  • 固定ページの入力方法。改行の仕方と見出しやリストなど装飾の仕方
  • ビジュアルエディタとテキストエディタ
  • 固定ページURL(パーマリンク)の変更方法
  • 固定ページの公開方法。パスワード保護

 

自分で触ってみないことにはなかなかわからないことも多いと思いますので、興味がある方はたくさん触ってみて覚えてください。
 

ホームページの作り方に関する記事一覧はこちらをご参照ください。
【ここだけ見れば作れちゃう!】初心者向けホームページの作り方まとめ
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

【メールマガジンにて限定情報配信】
WordPressやホームページ作成、SEO対策・ウェブ集客に関するウェブストエイトの独自ノウハウを読者限定で配信しています。まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

 

【メルマガ登録はこちら!!】
自分でホームページ制作・Web集客したい個人事業主様向けWebスクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したい個人事業主のためのウェブスクール・教室 ウェブストエイト

大阪の個別指導Webスクール
「WEBST8」

個人事業主様・経営者様・起業副業など
自分のビジネスのために
ホームページの作り方を
習得するスクール

\ 自分で作る選択を! /

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

松本慶

【IT業界でシステムエンジニア歴8年現役Web系フリーランス】

1985年生まれ 立命館大学卒業。 某複合機メーカーで約8年間システムエンジニアとして大阪で勤務後、2016年秋に独立。

「一人一人が創意工夫で思い描く未来を!」 という想いもとに『自分でホームページを作成してWeb集客・売上拡大したい』個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト(Webst8)を運営開始。
ウェブやマーケティングなどの覚えたノウハウを自分や周りの目標実現のツールとして使うことにやりがいを感じています。

メルマガ登録はこちら

個人事業主のためのWeb教室・スクール「ウェブストエイト」 ホームページ