mixhost(ミックスホスト)の感想。メリットとデメリット

mixhost レンタルサーバー

【使用感想】mixhostのおすすめプランとメリットデメリット

WordPressでブログ・ホームページを始めようと思った時に、まずはレンタルサーバー選びでどれが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。

今回は、アズポケット株式会社が運営する最近シェアを急拡大している高性能サーバー&数少ないアダルトサイト運営も可能なレンタルサーバー「mixhost(ミックスホスト)」を解説していきます。

今回紹介するレンタルサーバー mixhost(ミックスホスト)

 
 


 

(注意事項)本記事を読み進めるにあたって

ホームページ Unavaiable本記事記載の内容は、2021年10月時点で公式サイトなどから調べた情報です。今後、価格や機能面など時期によって本記事に記載の内容と変わってくることもあり得ますのでご注意ください。
また、当方が体感した・調べた範囲内での主観による評価・説明も含まれていることをご了承のうえ、最新の正確な情報は公式サイトで確認するようにしてください。

 
 

mixhost(ミックスホスト)の特徴とメリットデメリット

mixhostの特徴

mixhost トップページ
 

mixhostの概要

項目 内容
初期費用 0円
月額費用 スタンダードプラン:1,078円/月
プレミアムプラン:2,178円→1,089円(※)
ビジネスプラン:4,378円→2,189円(※)
ビジネスプラスプラン:8,778円→4,389円(※)
エンタープライズプラン:15,813円→8,789円(※)
※初回支払い時のみ半額(最大36ヶ月分)
おすすめプラン スタンダードプラン
もしくは
プレミアムプラン(半額適用が多くなる36ヶ月契約がお得)
コメント 高速表示性能でシェア急拡大の注目サーバー
備考
  • 自動バックアップ・復元データ取得標準装備
  • 契約中は独自ドメイン1つ永久無料
  • アダルトサイトが運営可能
公式サイト mixhost(ミックスホスト)

※1年間契約の場合・税込表示。
 

mixhost(ミックスホスト)アズポケット株式会社が運営するホスティングサービスです。
 

mixhostは、後発参入になりますが、その分サーバー環境への投資・高速化への取り組みによる、快適なサーバー利用環境を提供していることが特徴です。

mixhostのシェア推移

NUMBER OF AZPOCKET より引用


 

また、より大量アクセス・大規模サイトにも耐えうる環境として上位プランが充実しており、ビジネスプラスさらには超大規模のエンタープライズプランが用意されています。

上位プランも豊富で、数100万PV・1000万PVをいくようなアクセス数・バズコンテンツにサイトが成長しても、mixhostで対応できることを強みとしています。

また、多くのレンタルサーバーは合法的なものであってもアダルト・出会い系分野は利用規約上禁止されていますが、mixhostはアダルト・出会い系分野も利用することができます(もちろん合法的なものに限られます)
 

表示速度満足度No1のレンタルサーバー
WordPressを90秒でスタートできるクイックスタート
サーバーを申し込むだけで独自ドメインのWordPressが完成
表示速度を高速化するHTTP/3に日本初対応
安定性に自信があるからできる稼働率99.99%保証

 

mixhostを利用するメリットとデメリット

mixhostを使ってみた感想としては、最新のサーバー環境を利用できる点やWordPressクイックスタートでWordPressが始めやすいといったところが良いです。

また、注目すべき点として、プレミアムプラン以上の利用が最大36ヶ月分半額で運用することができ、上位プラン異様するなら他社よりもmixhostが圧倒的にコスパが良いです(※2021年10月時点)

具体的なメリットとデメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
mixhostの特徴
  • 上位プランが最大36ヶ月半額で利用できるので他社上位プランよりも圧倒的にコスパが良い(2021年10月時点)
  • 大量アクセスに強い高速・最新性能のサーバー環境が利用できる
  • WordPressクイックスタート機能で契約と同時にWordPressサイトを開設できる
  • 契約中は独自ドメインが1つ永久無料で利用できる
  • アダルトサイトの運営ができる
  • 急成長しているものの、安定稼働実績などは老舗サーバーに比べると期間が短い
  • 後発のため、老舗サーバーと比べると相対的にネットや本などで情報は少ない
  • コストパフォーマンス的にはほかのサーバーが有利な場合も
  • プランのダウングレードができない
  • サポートに電話がない(メール対応のみ)

 

mixhostを利用するメリット

mixhostを利用するメリットとしては下記の通りです。

■mixhostを利用するメリット

  • 上位プランが最大36ヶ月半額で利用できるので他社上位プランよりも圧倒的にコスパが良い(2021年10月時点)
  • 大量アクセスに強い高速・最新性能のサーバー環境が利用できる
  • WordPressクイックスタート機能で契約と同時にWordPressサイトを開設できる
  • 契約中は独自ドメインが1つ永久無料で利用できる
  • アダルトサイトの運営ができる

mixhostでまず注目したいのが、2021年10月現在、プレミアムプラン以上(プレミアム・ビジネス・ビジネスプラス・エンタープライズ)が初回契約での支払いが半額になっており、最大36ヶ月半額で運用することができるという点です。

mixhost レンタルサーバー料金表

ご利用料金 | mixhost公式サイト より引用(2021年10月時点)


 

たとえば、ビジネスプラス(7,898円→3,949円/月)を36ヶ月契約した場合、3年間で14万円強を節約できることになり、中規模以上のサイトを上位プランで利用する場合は、他社の上位プランよりも圧倒的にコスパが良く運用できます。

また、一番下位のスタンダードプランでも高スペックなサーバー性能・高速表示環境を利用でき、かつ、WordPressクイックスタート機能で契約と同時にWordPressサイトを開設することができますので、初心者や小規模なサイトでも快適なサイト運営ができるのではないかと思います。
 

加えて、数少ないアダルトサイトが運営できるサイトですので、アダルト方面のサイト構築を考えている場合は、mixhostがおすすめです(エックスサーバー、ConoHa、ロリポップ、さくらレンタルサーバーはアダルト不可です)。
 

mixhostを利用するデメリット

mixhostを利用するデメリットとしては下記の通りです。

■mixhostを利用するデメリット

  • 急成長しているものの、安定稼働実績などは老舗サーバーに比べると期間が短い
  • 後発のため、老舗サーバーと比べると相対的にネットや本などで情報は少ない
  • サポートに電話がない(メール対応のみ)
  • プランのダウングレードはできない
  • コストパフォーマンス的にはほかのサーバーが有利な場合も

 
mixhostは、急成長しているものの稼働実績などは老舗サーバーに比べると期間が短く、また最新性能・設備を積極的に取り入れている反面、過去に障害発生の情報や口コミもあります。

サポートに電話対応がなくメール対応のみになりますので、最新設備のサーバー性能・環境よりも、稼働実績や安定性・サポートを重要視する方や法人には向いていないかもしれません。

また、サーバー性能や表示速度などをそこまで求めていない小規模サイトを運営する方にとっては、実際問題、mixhostのサーバー性能を十分使うレベルのサイトはあまりないので、月額500円くらいから利用できるロリポップやさくらレンタルサーバーで十分というケースも多いと思います。

関連記事

なお、mixhost以外のおすすめレンタルサーバーを下記に紹介していますので、ご興味ある方は合わせてご参照ください。
【おすすめレンタルサーバー比較】WordPress対応5社総まとめ
【法人向け】ビジネス用途おすすめレンタルサーバー比較3社
おすすめ格安レンタルサーバー比較とメリットデメリットをご紹介

 

mixhostはこんな人におすすめ

以上を踏まえるとmixhostは下記のような人・法人におすすめです。

mixhostはこんな人におすすめ

  • 中規模サイト以上のサイト運営を予定しており上位プラン契約を考えている方
  • 最新の高スペックなサーバー性能・高速表示環境を利用したい方
  • より大規模なコンテンツにも対応しやすいサーバープランが用意されている方が良い人
  • アダルト・出会い系ジャンルのサイト運営をする(予定)の方

 

mixhostの各プラン・機能の比較

mixhostの主要プラン

mixhostのレンタルサーバープランには、「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」「ビジネスプラス」そして「エンタープライズ」の5つのプランが用意されています。

後から上位プラン変更もできるので、個人で1からサイトを作る場合は最初は「スタンダード」からでも十分だと思います。

一方、中規模以上のサイトを運用する場合は最初からプレミアムプランで契約しておくと、最大36ヶ月間月額費用を半額で抑えることができるのでお得です。
 

mixhostプラン スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
初期費用 0 0 0 0 0
月額費用 1,078円 2,178円→1,089円 4,378円→2,189円 8,778円→4,389円 15,813円→8,789円
ディスク種類 オールSSD オールSSD オールSSD オールSSD オールSSD
ディスク容量 250GB 350GB 450GB 550GB 650GB
転送容量制限 18TB/月 24TB/月 30TB/月 36TB/月 42TB/月
独自ドメイン上限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL個数上限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
PHPの動作モード LiteSpeed LSAPI版 LiteSpeed LSAPI版 LiteSpeed LSAPI版 LiteSpeed LSAPI版 LiteSpeed LSAPI版
メールサポート あり あり あり あり あり
電話サポート なし なし なし なし なし
無料ドメイン あり あり あり あり あり
プラン変更 上位プランのみ

(※)1年契約の場合の10%税込価格で記載。
(※)2021年10月時点で公式サイトから確認した内容です。プレミアムプラン以上で初回お支払いが半額(初回36ヶ月契約した場合は最大36ヶ月)。
 

mixhost(ミックスホスト)公式サイトはこちら

 

mixhostの余談

2016年と後発参入ながら近年急拡大

mixhostは、2016年参入と後発のホスティングサービスですが、サーバースペック・高速表示環境が評判で近年急拡大しています。

下記はシェア拡大の推移です。

mixhostのシェア推移

NUMBER OF AZPOCKET より引用


 

シェア拡大・利用者増加に伴い、さらにサーバー環境の投資を行っているようです。

 

mixhostの社長にインタビューしました

mixhost 伊丹社長

レンタルサーバーサービスmixhost(ミックスホスト)を運営しているアズポケット株式会社の伊丹(いたみ)社長にレンタルサーバーについてインタビューをさせていただきました。

mixhostを立ち上げた経緯や、mixhostにかける想いについてじっくりお聞きしています。インタビュー詳細は「【mixhost伊丹社長インタビュー】本当に良いサーバーを追求し続けて」をご覧ください。

 


 

管理画面は契約系のマイページとサーバー操作系のcPanel

なお、mixhostではアカウント管理・契約系のマイページと、サーバー操作系のcPanelが用意されています。
mixhostの管理画面の説明
 

cPanelの方が一部英語表記されている部分もあるので、本当の初心者については最初は少し難しいと感じるかもしれません。

ただし、操作マニュアルは充実しているので、見ながら操作すれば問題ないです
 

まとめ

今回紹介するレンタルサーバー mixhost(ミックスホスト)
 

まとめです。レンタルサーバーサービスを提供している「mixhost」を使ってみた感想やメリットデメリットについてご紹介しました。

レンタルサーバーといえば、エックスサーバーやロリポップ・さくらが老舗になりますが、mixhostも高速高性能&上位プランのコスパが圧倒的&アダルトサイトが運営できる数少ないサーバーで、良いレンタルサーバーですので、選択して失敗の可能性は低いでしょう。

 

サーバーの開設〜WordPressインストールまでの手順はこちら

【mixhost】WordPressクイックスタートでワードプレスインストール
 

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

関連記事

なお、mixhost以外のおすすめレンタルサーバーを下記に紹介していますので、ご興味ある方は合わせてご参照ください。
【おすすめレンタルサーバー比較】WordPress対応5社総まとめ
【法人向け】ビジネス用途おすすめレンタルサーバー比較3社
おすすめ格安レンタルサーバー比較とメリットデメリットをご紹介


 

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressホームページの作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2021年版】WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ

WordPress(ワードプレス)の使い方  総まとめ版

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-mixhost, レンタルサーバー
-, , ,