WordPress WordPressの料金 サイト開設費用

WordPress

【WordPressの料金】ホームページ・ブログ開設にかかる費用

これからWordPressでブログ・ホームページを始めようと思った方で、WordPressでサイトを作るのにいくらくらいの費用がかかるのか不安な方も多いのではないでしょうか。
 

ちなみに当サイトは、自作しているため年間の料金で合計15,000円くらいです。今回は、WordPressでブログ・ホームページを作成しようと考えている初心者の方を対象に、WordPressを始めるのにかかる費用をご紹介していきます。
 

WordPressでブログを始めたいんだけど、いくらかかるんでしょうか??

WordPress本体は無料です。レンタルサーバーや独自ドメイン、有料テーマ、制作依頼する場合は制作費用などその他の品目でお金がかかります。

 

■【WordPressの料金】ホームページ・ブログ開設にかかる費用(動画解説版)


 


 

WordPressにかかる費用の品目別まとめ

WordPressでサイト制作するときにかかる費用
 

WordPressでかかる費用ですが、自作する場合初年度1〜4万円(次年度以降1〜1.5万円)外注する場合は20〜50万円程度かかります。

自作か外注かで費用の内訳が大きく変わります。本記事ではWordPressでホームページ/ブログを自作する場合を想定して説明していきます。

(関連記事)【あなたはどっち?】ホームページを独学自作か外注かを徹底比較


 

ホームページ・ブログを自作する場合にかかるWordPress費用

WordPressでサイトを自作する場合にかかる料金
 

まず、WordPressを利用してホームページ・ブログを自作する場合の費用ですが、おおよそ初年度1〜4万円程度、次年度以降1〜1.5万円程度が目安になります。

項目 初期費用
(初年度のみかかる
イニシャルコスト)
維持費用
(翌年以降毎年かかる
ランニングコスト)
WordPress本体 0円 0円
レンタルサーバー代 年間6,600円〜13,200円
初期費用が別途1,000〜3,300円程度かかる場合があります。
年間6,600円〜13,200円
ドメイン取得・維持費 年間1,500円程度 年間1,500円程度
WordPressテーマ代 (無料テーマの場合)0円
(有料テーマの場合)10,000円〜25,000円
0円
※サブスクリプション型有料テーマの場合を除く
+αでかかる費用 書籍代(1万円前後)
スクール代(10〜30万円前後)
年間合計費用 初年度8,100円〜39,700円 次年度以降8,100円〜14,700円

(料金は、ボリュームゾーン・平均値で算出のため、実際には上記よりも上下変動があります)
 

WordPress本体は費用はかからないんですか?

WordPressそのものは、オープンソースで費用はかかりません。基本的にそのほかにかかる費用の合計がWordPressでかかる費用になります。

 

ポイント WordPress本体は無料で利用可能

オープンソースとは

WordPressはオープンソースで無料で利用できます。オープンソースとは一言で言うとフリーソフトです(※注)。

ソースを取得、変更、再配布できるので、個人や企業が好きに追加機能やデザインテンプレートなどを開発することもできます。

(※注)厳密にはオープンソフトとフリーソフトとは定義が異なります。厳密なオープンソースの定義は、「オープンソース | wikipedia」をご覧ください。
【関連記事】【WordPressとは】ワードプレスの特徴とメリット・デメリットを徹底解説

 

ここからはWordPressでかかる料金の内訳について詳しく説明していきます。

【料金その1】レンタルサーバー代(必須)

Webの仕組み サーバー
 

一つ目にかかる料金は、WordPressの入れ物となる「レンタルサーバー料金」です。

レンタルサーバー会社やプランにより料金は変わりますが、ボリュームゾーンは月額550円〜1,100円くらいです(年額6,600〜13,200円)。

なお、サーバー会社によっては初年度のみ初期費用1,000円〜3,300円程度かかる場合があります。

レンタルサーバーは国内でも100近くありますが、有名3社の「エックスサーバー」「ロリポップ」「さくらインターネット」、そして性能・機能面で最近注目されている「ConoHa (コノハ)」やmixhostがおすすめです。

ロリポップやさくらレンタルサーバーのスタンダードプランであれば月額500円程度、エックスサーバーやConoHa、mixhostなどであれば月額1,000円程度です。
 

項目 性能・速度重視 安さ・コスパ重視
エックスサーバー ConoHa mixhost ロリポップ さくらレンタルサーバー
特徴 国内シェアNo1
法人HPも多い
簡単&高スペック&上場企業運営
若手ユーザー・ブロガー多い
サーバー上位プランが豊富
アダルトジャンル運営可能
安価&中以上のスペック
個人店舗HP系が多い
最老舗会社&一番安価
老舗ユーザーが多い
おすすめプラン X10 WINGパックベーシックプラン スタンダードプラン スタンダードプラン スタンダードプラン
初年度合計費用 16,500円 11,880円 12,936円 8,250円 6,286円
2年目以降合計費用 13,200円 11,880円 12,936円 6,600円 5,238円
無料独自ドメインプレゼント あり(※キャンペーン時のみ) いつでもあり いつでもあり いつでもあり(※条件あり) なし
運営実績・期間 長い(2003年〜) 比較的短い(2013年〜) 短い(2016年〜) 長い(2001年〜) 最も長い(1996年〜)
運営会社 エックスサーバー株式会社 GMOインターネット株式会社 アズポケット株式会社 GMOペパボ株式会社 さくらインターネット株式会社
公式はこちら エックスサーバー ConoHa mixhost ロリポップ! さくらのレンタルサーバ

(※)比較するにあたって、エックスサーバーはX10プラン、ConoHaはWINGパックベーシックプラン、mixhost・ロリポップサーバー・さくらレンタルサーバー共にスタンダードプラン、かつ一年契約の10%税込価格の場合で比較しました。キャンペーンなどで契約価格が異なる場合があります。
 
 

合わせて読みたい記事

スペックも含めた5社レンタルサーバー詳しい比較は「【おすすめレンタルサーバー比較5社総まとめ WordPress対応】」に掲載していますので、レンタルサーバー契約の前にぜひご覧ください。

 

なお、独自ドメインでWordPressを利用している場合、少し作業に手間がかかりますが、最初は安いサーバー・プランを利用しつつ、あとからレンタルサーバーを変更するということも可能です。

 

【WordPressにかかる料金1】レンタルサーバー代
年間6,600円〜13,200円
※初年度のみ初期費用1,000〜3,300円かかる場合があります

 

ちなみにこのブログはなんのレンタルサーバーで動いているんですか?

当ブログはエックスサーバーで動いています。

 

ブログ・企業サイトにおすすめの高速&高性能レンタルサーバー

〜最大4.5万円キャッシュバック!&ドメイン1個永久無料(12月2日18時まで)〜

・契約中は独自ドメイン1個が永久無料(※12ヶ月以上の契約が対象)
・スタンダードプラン36ヶ月契約で15,000円、ビジネスプラン36ヶ月契約で45,000円キャッシュバック

詳しくは公式サイトをご参照ください。

当サイトもエックスサーバーを利用しています
↓↓エックスサーバー+独自ドメイン+WordPress設置までの開設手順はこちら↓↓
【エックスサーバー】独自ドメイン取得〜WordPress設置まで手順解説

 


 

【料金その2】ドメイン取得・更新費用(必須)

二つ目にかかる料金は、インターネット上の住所にあたる「独自ドメインの取得(更新)費用」です。
 

ドメインの種類(.comや.co.jp)によって料金は異なりますが、ボリュームゾーンは1,500円くらいです。
 

ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。
Webの仕組み ドメインを取得する
 

ブログやホームページをインターネットに公開するためにはドメインを利用する必要があります。一般的には独自ドメイン(当サイトの場合は「webst8.com」)を利用することが多く年間単位で費用がかかります。
 

なお、最近ではレンタルサーバー契約と同時に、1つ分のドメインの取得・維持費用を無料サービスで提供するというレンタルサーバーも増えてきましたので、うまく活用することで年間1,500円程度を削減することができます。

■レンタルサーバーの無料ドメイン提供について

エックスサーバー ConoHa mixhost ロリポップ さくらレンタルサーバー
おすすめプラン X10 WINGパックベーシックプラン スタンダードプラン スタンダードプラン スタンダードプラン
無料独自ドメインプレゼント あり(※キャンペーン時のみ) いつでもあり いつでもあり いつでもあり(※条件あり) なし
公式はこちら エックスサーバー ConoHa mixhost ロリポップ! さくらのレンタルサーバ

(※)比較するにあたって、エックスサーバーはX10プラン、ConoHaはWINGパックベーシックプラン、mixhost・ロリポップサーバー・さくらレンタルサーバー共にスタンダードプラン、かつ一年契約の10%税込価格の場合で比較しました。
 
 

注意点としては、ドメイン取得費用が100円レベルで極端に安い場合も、2年目以降が3000円、4000円以上かかるようなドメインもあるので注意しましょう。

 

無難なドメインは、「.com」「.net」「.info」あたりが安くてよく使われていて無難です。
ドメイン取得費用と次年度更新費用
(※)ムームードメインのドメイン取得費用と更新費用の例(2019年8月時点)
 

一般的な.comや.netなどでおおよそ1,500円くらいとみておくと良いでしょう。

 

【WordPressにかかる費用2】ドメイン取得・更新費用
「年間1,500円前後」
※サーバー契約でドメイン一つ無料サービス付きのレンタルサーバーを契約することで削減可能

 

WordPress導入で最低限かかる費用は上記のみになりますので、年間8,000円〜WordPressを運用することが可能です。

以下はオプションで必要に応じてかかってくる費用になります。

 

【料金その3】テーマ(テンプレート)購入費用(オプション)

三つ目にかかる料金は、WordPressのテーマ購入費用です。無料テーマを利用する場合費用はかかりませんが、有料テーマを利用する場合、10,000円〜25,000円程度かかります。

WordPressで利用する「テーマ」とは、一言で言うとデザインのテンプレートのことです。

人に例えると、「服」のようなイメージになります。テーマ(服)を変更することで、見た目や外観の変更・関連機能を変更することができます。
WordPressテーマのイメージ テーマ≒服
 

WordPressでは無料で利用できるテーマも数千以上リリースされており、また、企業や個人のデザイナーたちが有料で販売しているものもあります。
 

有料テーマと無料テーマは違いはないんでしょうか?

一般的に有料テーマの方が、無料テーマよりも機能面がさらに充実しています。また、有料テーマを購入すると購入特典でマニュアルやサポートを受けられるところも多く、本格的に作りたい場合は有料テーマもおすすめです。

 

本格的にHP・ブログを作るなら有料テーマもおすすめ
  • 無料テーマでも品質の高いサイト・ブログを作成することができる
  • 一般的に有料テーマは、無料テーマよりも機能面でさらに充実している
  • 有料テーマは購入特典でマニュアルやサポートを受けられるところが多い

 

有料テーマを利用する場合は、買い切り型が多いですが、最近ではサブスクリプション(年額課金型)も増えてきました。価格帯は、おおよそ10,000円〜25,000円くらいが多いです。
 

■WordPressで人気の有料テーマ例(一部)

タイプ 項目 内容
ホームページ型のサイトにおすすめ Lightning Pro 7,700円(税込)
スタンダードなビジネスホームページ向き
Lightning Proの公式サイトはこちら
賢威 27,280円(税込)
SEO実績重視で企業HP・ブログの両方に向いているテーマ
賢威の公式サイトはこちら
SnowMonkey 16,500円(年額課金、税込)
1カラム型のビジネスホームページにおすすめ
SnowMonkeyの公式サイトはこちら
Lotus 12,980円(税込)
ビジュアル重視・女性向けホームページにおすすめ
Lotusの公式サイトはこちら
ブログ・アフィリエイトにおすすめ AFFINGER5 14,800円(税込)
アフィリエイト・情報商材系におすすめのテーマ
AFFINGER5の公式サイトはこちら
JIN 14,800円(税込)
ひつじさん監修のブロガー向きテーマ
Jinの公式サイトはこちら
STORK 11,000円(税込)
OPENCAGEシリーズの中でも特に高機能で、清潔感のあるデザインの人気のテーマ
STORK19の公式サイトはこちら
SANGO 11,000円(税込)
柔らかい印象のブログにおすすめのテーマ
SANGOの公式サイトはこちら

※2021年5月時点で確認した料金です。最新の正確な情報は公式サイトをご確認ください。
 

無料のテーマを利用することももちろんできますが、ここではオプションとして有料テーマ購入した場合平均15,000円と仮定しておきましょう。

 

【WordPressにかかる費用3】テーマ代
10,000円〜25,000円

 

合わせて読みたい記事

下記に、有料・無料のWordPressおすすめテーマをそれぞれご紹介していますので合わせてご参照ください。
タイプ別WordPressおすすめ有料テーマ8選をご紹介
WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選
タイプ別WordPressおすすめ無料テーマ8選をご紹介

 
 

【料金その他】本やスクール代など(オプション)

最後に、本で勉強したり、スクールなどに通うか悩んでいる人向けに、それぞれかかる費用について補足します。
 

WordPressでブログを作る場合は記事中心なので独学でやる方が多いと思いますが、事業用・店舗ホームページを作る場合はデザインや見せ方も考慮する必要があるため、外注検討する方も多いのではないでしょうか。
 

以下は、独学する場合とスクールに通う場合、外注するの比較表です。

比較表 独学 スクール 外部委託
費用 1万円弱(本数冊) 10〜40万円 30〜50万程度。
かかる時間について 数十〜数百時間 20〜50時間 数時間(打ち合わせなど)
追加更新について 可能 可能 独力で困難
注意点 勉強の仕方で大きな差が出る。途中で挫折しやすい。 目的に合わせたスクール選びが必要 業者によっては大きなハズレあり

 

■ホームページを完全独学する場合の注意点
完全独学の場合、費用は本代数冊買ったとしてせいぜい1万円で非常に安価で済みます。
 

「お金はないけど時間がたくさんある」、「Webの学習自体が好きだ」、「WordPressの勉強をしながらブログを始めたい」という人には独学がもってこいでしょう。
 

しかし、圧倒的に時間がかかる点が大きなデメリットです。他にしなければならないことがある場合は、忙しくて時間が取れないなど途中でやめてしまう人も多いです。
 

また、間違った学習(自分の実現したいことと学習内容がマッチしていない)をすると、時間の無駄になってしまうというリスクもあります。
 

■ホームページを外注する場合の注意点
事業を営んでおり、事業・店舗のホームページとしてWordPressを作成する場合は外注を検討する人多いのではないでしょうか。
 

外注する場合は、どの会社にどのような依頼をするのかで費用は大きく変わります。(格安でテンプレートベースで作ってもらうのか、オーダーメイドのデザインを作ってもらうのか、個人事業主のサイトか法人のサイトかなどいろいろな要因があります)
 

外注は、外注費用がかかりますが時間の節約ができるのがメリットです。(ただし、サイトの構成や文言・写真などは自分で用意しないとオリジナルのサイトができませんから結局中身については自分で考える必要があります
 

また、外注でホームページを作る場合にしても、更新や変更をどうするか保守費用はどうなるのかなど、考えておかないといけないなどの注意点もあります。
 

■スクールはバランス型
更新も自分でやりたいけれど、他にやることもあり、本を読んで一から覚える余裕もない。効率よく覚えて自分でホームページを作っていきたい場合にはスクールがおすすめです。
 

ただし、自分の目的にあったスクール選びが非常に大事です。たとえばWordPressを覚えたいのに、Webデザイナーなどの専門職向けのスクールに通うと、HTMLやCSS、フォトショップやイラストレーターなど違う内容を勉強することになります。
 

自分にあったスクールを見つけることが大事ですね。

 

【WordPressにかかる費用(補足)】人件費(勉強代含む)

  • 独学1万円
  • スクール10〜30万円
  • 外注30万円〜50万円前後

 

今回は、WordPress構築にかかる物理的な費用なので、上記は含めませんが、実際には上記のような費用もかかる場合があるので、考慮しておきましょう。

 
 

WordPressにかかる料金まとめ

まとめです。今回は、これからWordPressでブログ・ホームページを始めようと思った方向けに、WordPressでサイトを作るのにいくらくらいの費用がかかるのかを説明しました。
 
WordPressでサイト制作するときにかかる費用
 

WordPressでかかる費用ですが、自作する場合初年度1〜4万円(次年度以降1〜1.5万円)外注する場合は20〜50万円程度かかります。

自作する場合の費用は下記の通りでs。

項目 初期費用
(初年度のみかかる
イニシャルコスト)
維持費用
(翌年以降毎年かかる
ランニングコスト)
WordPress本体 0円 0円
レンタルサーバー代 年間6,600円〜13,200円
初期費用が別途1,000〜3,300円程度かかる場合があります。
年間6,600円〜13,200円
ドメイン取得・維持費 年間1,500円程度 年間1,500円程度
WordPressテーマ代 (無料テーマの場合)0円
(有料テーマの場合)10,000円〜25,000円
0円
※サブスクリプション型有料テーマの場合を除く
+αでかかる費用 書籍代(1万円前後)
スクール代(10〜30万円前後)
年間合計費用 初年度8,100円〜39,700円 次年度以降8,100円〜14,700円

(料金は、ボリュームゾーン・平均値で算出のため、実際には上記よりも上下変動があります)
 

なお、具体的なWordPressの始め方を「【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP」に詳しく説明していますので合わせてご参照いただければ幸いです。
 

今回は以上になります。
 

最後までご覧いただきありがとうございました。
 

 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPressの始め方総まとめ

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressホームページの作り方

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2021年版】WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ

WordPress(ワードプレス)の使い方  総まとめ版

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , , , ,