WordPress WordPressの料金 サイト開設費用

本記事は広告が含まれる場合があります WordPress

【WordPressの料金】ワードプレスの初期費用&更新費用

これからWordPressでブログ・ホームページを始めようと思った方で、WordPressでサイトを作るのにいくらくらいの費用がかかるのか不安な方も多いのではないでしょうか。

ちなみに当サイトは、自作しているため年間の料金で合計12,000円くらいです。今回は、WordPressでブログ・ホームページを作成しようと考えている初心者の方を対象に、WordPressを始めるのにかかる費用をご紹介していきます。
 

WordPressにかかる料金(初期費用と運用費用)
 

WordPressでブログを始めたいんだけど、いくらかかるんでしょうか??

WordPress本体は無料です。レンタルサーバーや独自ドメインでだいたい年間5,000円〜12,000円程度がかかります。

 

 

WordPressにかかる料金(初期費用と更新費用)

WordPressを利用してホームページ・ブログを自作する場合の費用ですが、おおよそ初年度5,000円〜3万円程度、次年度以降5,000円〜が目安になります。

WordPressにかかる料金(初期費用と運用費用)
 

項目 初期費用
(初年度のみかかる
イニシャルコスト)
維持費用
(翌年以降毎年かかる
ランニングコスト)
WordPress本体 無料(0円) 無料(0円)
レンタルサーバー料金 年間5,000円〜12,000円
初期費用が別途1,500円〜3,000円程度かかる場合があります。
年間5,000円〜12,000円
ドメイン取得・維持費 無料〜年間1,500円程度 無料〜年間1,500円程度
WordPressテーマ代 (無料テーマの場合)0円
(有料テーマの場合)10,000円〜20,000円
0円
※サブスクリプション型有料テーマの場合を除く
+αでかかる費用 書籍代(1万円前後)
スクール代(10〜30万円前後)
年間合計費用 初年度5,000円〜30,000円 次年度以降5,000円〜12,000円

(料金は、ボリュームゾーン・平均値で算出のため、実際には上記よりも上下変動があります)
 

WordPress本体は費用はかからないんですか?

WordPressそのものはオープンソースで無料です。基本的にそのほかにかかる費用の合計がWordPressでかかる費用になります。

 


 

ここからはWordPressでかかる料金の内訳について説明していきます。

【必須】レンタルサーバー料金

Webの仕組み サーバー
 

一つ目にかかる料金は、WordPressの入れ物となる「サーバー料金」です。

サーバー会社やプランにより料金は変わりますが、ボリュームゾーンは月額500円〜1,000円くらいです(年額6,000〜12,000円)。

なお、サーバー会社によっては初年度のみ初期費用1,500円〜3,300円程度かかる場合があります。

国内で有名なロリポップやさくらのレンタルサーバであれば月額500円程度、エックスサーバーやConoHa、mixhostなどであれば月額1,000円程度で利用可能です。
 
有名なレンタルサーバー(プラン)の月額料金であれば下記の通り。

用途別おすすめレンタルサーバー比較
個人利用と法人利用のレンタルサーバーの傾向
レンタルサーバー価格比較(36ヶ月契約時)

 

サーバー 公式サイト プラン
赤字がおすすめ
キャンペーン内容 期間 おすすめ用途

コスパ重視

ロリポップ!ロゴ

ロリポップ
公式サイト
エコノミー
ライト
スタンダード
ハイスピード
(月額550円〜)

エンタープライズ
契約期間最大2倍キャンペーン(ライト・スタンダード:12、24、36ヶ月契約で3ヶ月延長 / ハイスピード:1、3、6ヵ月契約で1ヶ月延長) 2024年6月30日(日)23:59まで
個人ブログ
個人HP

機能性重視

エックスサーバー

Xサーバー
公式サイト
スタンダード
(月額990円〜)

プレミアム
ビジネス
最大30%オフ!実質月額693円〜キャンペーン 2024年7月4日(木)12:00まで
会社ホームページ
個人HP

簡単さ重視

ConoHa ロゴ

ConoHaWING
公式サイト
ベーシック
(月額968円〜)

スタンダード
プレミアム
ビジネス(Biz)シリーズ
最大55%オフ!月額643円~スタート応援キャンペーン 2024年6月25日(火)16:00まで
個人ブログ
シンレンタルサーバーロゴ シンレンタルサーバー
公式サイト
ベーシック
(月額770円〜)

スタンダード
プレミアム
ビジネス
リザーブド
個人ブログ(アダルト可)
コアサーバーロゴ コアサーバー公式サイト Core-X
(月額390円〜)

Core-Y
Core-Z
※V2新環境シリーズ
個人HP
ラッコサーバー ラッコサーバー公式サイト RK1
(月額330円〜)

RK2
RK3
個人ブログ
さくらのレンタルサーバ さくらサーバ
公式サイト
ライト
スタンダード
(月額500円〜)

ビジネス
ビジネスプロ
個人HP
会社HP
mixhostロゴ mixhost
公式サイト
スタンダード
(月額1320円〜)

プレミアム
ビジネス
最大70%OFF!月額968円(税込)〜使える初回割キャンペーン 現時点で期限なし
個人ブログ(アダルト可)
個人ブログ(アダルト可)
カラフルボックスロゴ カラフルボックス公式サイト BOX1
BOX2
(月額1320円〜)

BOX3〜BOX8
BOX2が月484円〜通常サーバー:50%OFF、アダルト対応サーバー:60%OFF (BOX2以上)キャンペーン 現時点で期限なし
個人ブログ(アダルト可)
個人ブログ(アダルト可)
エックスサーバービジネスロゴ Xサーバービジネス公式サイト スタンダード
(月額3762円〜)

プレミアム
ビジネス
月額料金30%キャッシュバックで実質月額2,633円〜使えるキャンペーン 2024年7月1日(月)12:00まで
会社HP

 
※(更新日)2024年6月11日。キャンペーンは予告なく終了される場合があります。適用条件含めた最新の正確な情報は各公式サイトをご確認ください。


 

合わせて読みたい記事

各社レンタルサーバーのスペックや注意点など詳しい比較は「レンタルサーバーおすすめ比較12選・選び方を徹底解説」をご覧ください。

 

なお、当ブログ(webst8.com)はエックスサーバーで動いています。

 

【実質必須】ドメイン取得・更新費用

二つ目にかかる料金は、インターネット上の住所にあたる「独自ドメインの取得(更新)費用」です。
 

ドメインの種類(.comや.co.jp)によって料金は異なりますが、ボリュームゾーンは1,500円くらいです。
 

ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。
Webの仕組み ドメインを取得する
 

ブログやホームページをインターネットに公開するためにはドメインを利用する必要があります。一般的には独自ドメイン(当サイトの場合は「webst8.com」)を利用することが多く年間単位で費用がかかります。

最近ではサーバー契約特典という形で独自ドメインの1個または2個分の取得・維持費用を無料で提供するというレンタルサーバーも増えてきました。

うまく活用することで年間1,500円〜3,000円程度を削減することができます。

有名どころのレンタルサーバーで独自ドメイン無料特典の状況は下記の通り。
おすすめレンタルサーバーの選び方
 

関連レンタルサーバーおすすめ比較12選・選び方を徹底解説

関連【徹底比較】おすすめ独自ドメイン取得サービスと選び方

 

 

WordPress導入で最低限かかる費用は上記のみになりますので、年間5,000円程度でWordPressを運用することが可能です。
 

【任意】WordPressテーマ購入費用

三つ目にかかる料金は、WordPressのテーマ購入費用です。無料テーマを利用する場合費用はかかりませんが、有料テーマを利用する場合、10,000円〜20,000円程度かかります。

WordPressで利用する「テーマ」とは、一言で言うとデザインのテンプレートのことです。

人に例えると、「服」のようなイメージになります。テーマ(服)を変更することで、見た目や外観の変更・関連機能を変更することができます。
WordPressテーマのイメージ テーマ≒服
 

WordPressでは無料で利用できるテーマも数千以上リリースされており、また、企業や個人のデザイナーたちが有料で販売しているものもあります。
 

有料テーマと無料テーマは違いはないんでしょうか?

一般的に有料テーマの方が、無料テーマよりも機能やサポートが充実しています。特典でサポートを受けられるところも多く、本格的に作りたい場合は有料テーマもおすすめです。

 

本格的にHP・ブログを作るなら有料テーマもおすすめ

無料テーマと有料テーマの一般的な違い
 

  • 無料テーマでも品質の高いサイト・ブログを作成することができる
  • 一般的に有料テーマは、無料テーマよりも機能面でさらに充実している
  • 有料テーマは購入特典でマニュアルやサポートを受けられるところが多い

 

有料テーマを利用する場合は、買い切り型が多いですが、最近ではサブスクリプション(年額課金型)も増えてきました。価格帯は、おおよそ10,000円〜20,000円くらいが多いです。
 

■WordPressで人気の有料テーマ例(一部)

タイプ テーマ名 公式サイト 内容 備考 最終更新日
ホームページ・ブログ両方におすすめ SWELL
スウェル
SWELL トップページ
公式サイト
ホームページにもブログにも使えるシンプルで使いやすいテーマ
17,600円 (税込)
買い切り型
複数サイト利用可
2024年1月7日
アップデート情報
JIN:R
ジン アール
JIN:R トップページ
公式サイト
柔らかいデザインで初心者におすすめのブログ向けテーマ(従来版JINの後継テーマ)
19,800円 (税込)
買い切り型
複数サイト利用可(本人サイトのみ)
2024年4月7日
アップデート情報
ホームページ型のサイトにおすすめ Lightning G3 Pro
ライトニング
Lightning G3 PRO トップページ
公式サイト
スタンダードなビジネスホームページ向き。無料テーマLightningの有料版
9,900円 (税込)/1年間
サブスクリプション型
複数サイト利用可
ライセンスキー方式
2024年7月4日
アップデート情報
Snow Monkey
スノーモンキー
Snow Monkey トップページ
公式サイ
テーマのカスタマイズがしやすいビジネスホームページにおすすめのテーマ
SnowMonkeyの公式サイトはこちら
16,500円/1年間
サブスクリプション型
複数サイト利用可
2024年6月26日
アップデート情報
賢威
けんい
賢威 トップページ
公式サイト
SEO実績の高いロングセラーテーマ。特典のSEOマニュアルなど付加価値が高い。
27,280円(税込み)
買い切り型
複数サイト利用可(本人サイトのみ)
2021年11月17日
アップデート情報
TCDシリーズ
ティーシーディー
TCDトップページ
公式サイト
洗練されたデザインのテーマシリーズ。
美しいデザインのコーポレートサイトにおすすめのテーマ
※TCDはテーマシリーズになります。
業種別・用途別などに数十種類用意されています。
買い切り型
複数サイト利用可(本人サイトのみ)
※テーマによって異なる可能性あり
テーマによる
アップデート情報
ブログ・アフィリエイトにおすすめ AFFINGER6
アフィンガー6
AFFINGER トップページ
公式サイト
本格的にアフィリエイトサイトを始めるのにおすすめの高機能WordPressテーマ 
14,800円(税込み)
買い切り型
複数サイト利用可(本人サイトのみ)
2024年6月25日
アップデート情報
SANGO
サンゴ
SANGO トップページ
公式サイト
かわいい・柔らかいデザインが好きなブログ初心者におすすめのテーマ
14,800円(税込)
買い切り型
複数サイト利用可(本人サイトのみ)
2024年1月30日
アップデート情報
STORK19
ストーク19
STORK19トップページ
公式サイト
初心者から有名ブロガーまで根強い人気のブロガー向けテーマ
11,000円(税込)
買い切り型
1サイト利用のみ
2024年6月20日
アップデート情報
DIVER
ダイバー
DIVER トップページ
公式サイト
アフィリエイト・メディアサイト運営経験者に向いている高機能WordPressテーマ
17,980円 (税込)
買い切り型
複数サイト利用可(本人サイトのみ)
2024年4月2日
アップデート情報

※アップデート情報は2024年7月8日時点の情報を記載


 

 
 

 

サーバー&ドメイン代あわせて最も安く使えるサービスは?

サーバー&ドメイン代あわせて最も安く使えるサービスとして候補に上がるのは「コアサーバー(Core-X):月額390円〜」と「ラッコサーバー(RK1):月額330円〜」「ロリポップ(ハイスピード):月額550円〜」です。

価格・コスパ重視の方におすすめのレンタルサーバー

 
上記であれば、独自ドメイン代をあわせても、年間4,000〜6,600円程度でWordPressを運用できます。

なお独自ドメインの無料特典がないプラン比較すると、月額100円〜200円台のレンタルサーバーもあります。

ただし、100〜200円台になるとかなり制限が厳しくなるため、必要な機能を見極める必要があります。

格安おすすめレンタルサーバーの大まかな分類
おすすめの格安レンタルサーバー月額料金比較
格安レンタルサーバーの価格別傾向


 

月額500円以下の低価格帯を検討されている方は「【月額500円以下】格安・安いおすすめレンタルサーバー13選」もご参照ください。
 

 

WordPressをサーバーにインストールする手順

「ロリポップ」「ConoHa WING」「エックスサーバー」を例に実際にサーバー契約を行いWordPressインストールする手順は下記をご参照ください。

 

WordPressにかかる料金まとめ

まとめです。今回は、これからWordPressでブログ・ホームページを始めようと思った方向けに、WordPressでサイトを作るのにいくらくらいの費用がかかるのかを説明しました。
 

WordPressにかかる料金(初期費用と運用費用)
 

WordPressでかかる費用ですが、年間5,000円〜3万円程度かかります。

項目 初期費用
(初年度のみかかる
イニシャルコスト)
維持費用
(翌年以降毎年かかる
ランニングコスト)
WordPress本体 無料(0円) 無料(0円)
レンタルサーバー料金 年間5,000円〜12,000円
初期費用が別途1,500円〜3,000円程度かかる場合があります。
年間5,000円〜12,000円
ドメイン取得・維持費 無料〜年間1,500円程度 無料〜年間1,500円程度
WordPressテーマ代 (無料テーマの場合)0円
(有料テーマの場合)10,000円〜20,000円
0円
※サブスクリプション型有料テーマの場合を除く
+αでかかる費用 書籍代(1万円前後)
スクール代(10〜30万円前後)
年間合計費用 初年度5,000円〜30,000円 次年度以降5,000円〜12,000円

(料金は、ボリュームゾーン・平均値で算出のため、実際には上記よりも上下変動があります)
 

■【WordPressの料金】ホームページ・ブログ開設にかかる費用(動画解説版)


 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。

教室の無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら

YouTubeチャンネル開設しました!

WEBST8 YouTube Channel 開設
最大月間50万PVの当ブログをベースに、Youtube動画配信にてWordPress、ホームページ作成、ブログのことについてお役立ち情報を随時配信していきます。

ご興味ある方はぜひチャンネル登録をしていただけますと幸いです。


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

検索して記事を見つける

探したいキーワードを入力・検索して記事を見つけたい方はこちら

-WordPress