【初心者向け】目的別WordPress の勉強におすすめの本9選

WordPress

【初心者向け】目的別WordPressの勉強におすすめの本6選

2019年7月26日

WordPressの勉強を始めようと思った時に、たくさんある書籍の中からどれを購入したら良いか迷っている人も多いのではないでしょうか。
 

今回は、難易度・目的別にWordPressの勉強を始める際におすすめの本を6冊ご紹介していきます。目的別でもご紹介しているので、あなたにとって最適な一冊が見つかると思います。
 

WordPressを勉強したくって。。おすすめの本とかないでしょうか??

一口にWordPressの勉強といっても色々あります。ここでは、目的別・難易度別にWordPressのおすすめ解説書をご紹介していきますね。

 


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8


 

はじめに WordPressの勉強をするにあたって

一口にWordPressの勉強をするといっても、Webサイト作成未経験・全くの初心者がWordPressの勉強を始めるのと、WebデザイナーなどWeb関連業界の人がWordPressの勉強を始めるのでは、学習する内容も、おすすめ書籍も内容も変わってきます。
 

WordPressの参考書を購入するにあたって
 

WordPressの本で紛らわしいのが、「基礎からの」と書いていても「本当の一般初心者に向けた基礎」なのか、「Web業界新人としての基礎」なのかで難易度が全く違い、間違って購入すると当人にとって全く役に立たないことになるのでご注意ください。
 

今回は、下記の2つの切り口に大別してWordPressの勉強におすすめの本をご紹介していきます。

  1. サイト作成未経験者向け・初心者向けWordPressおすすめ本
    →→ホームページ・ブログ作成経験なし・HTML・CSSを知らない人を対象としてWordPressの使い方を解説した本
  2. Web制作経験者・中級以上向け WordPressおすすめ本
    →→Web業界経験あり・HTML・CSSを知っている人を対象として、WordPress制作者としてのスキルを身につけるための本

 
 

サイト作成未経験者向け・初心者向けWordPressおすすめ本

入門・初心者向けWordPress おすすめ本
 

まずは、ホームページ・ブログ作成経験なし・HTML・CSSを知らない人を対象としてWordPressの使い方を解説しているおすすめの本をご紹介していきます。
 

ここでご紹介する本の対象者は、ホームページ作成未経験の完全初心者を想定しています。レンタルサーバーの契約やドメインの取得からWordPressの基本的な使い方まで、初心者に向けて書いてあるので安心して手にとって学習することができます。
 

ここでご紹介する、WordPressの初心者向けの本は3冊です。
 

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教える本格Webサイトの作り方

  • いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教える本格Webサイトの作り方
  • 石川栄和 (著), 大串 肇 (著), 星野邦敏 (著) -2019/7/25
  • オススメ度:
    Webサイト作成未経験でWordPressを学ぶ初心者向けに、丁寧に書かれたベストセラーのWordPress入門書です。Webサイトを作ったことがない方でも、レンタルサーバー、ドメインの取得、WordPressのインストールや設定方法が網羅されています。「Lightning(ライトニング)」という無料テーマを題材にして、個人商店向けのホームページ型のサイトの作り方を解説しています。

 

1冊目は、「いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応」です。本書は、Webサイト作成未経験でWordPressを学ぶ初心者向けに、丁寧に書かれたベストセラーのWordPress入門書です。「Lightning(ライトニング)」という無料テーマを題材にして、個人商店向けのホームページ型のサイトを作ることを中心として解説しています。
 

内容としては、初心者向けに、レンタルサーバー(さくらレンタルサーバーを利用)の手続き・ドメイン取得からWordPressのインストール設定など、WordPressを始めるための準備から丁寧に解説しています。WordPressの基本的な使い方、サイトの外観・レイアウト、コンテンツの作成、プラグインの利用など説明されていて、この1冊を読みながら実践して行けば、ホームページ型+ブログ型のWebサイトを作成することができます。
 

サイトをカスタマイズするため必要なHTML、CSS、などの知識がなくても、本書を読んで実践すれば、本格的なサイトを作ることができるので初心者におすすめです。
 

なお、本書で扱っている「Lightning」というテーマ独自の使い方にも重点的に説明されているので、別のテーマを利用する予定の場合はLightningに関する解説部分は読み飛ばしてください。
 

■本書の内容

  • Chapter 1 自分のURLでWebサイトを公開しよう
  • Chapter 2 WordPressの初期設定をしよう
  • Chapter 3 Webサイトのデザインを決めよう
  • Chapter 4 掲載するコンテンツを作成しよう
  • Chapter 5 固定ページを作成しよう
  • Chapter 6 サイト全体のナビゲーションを整えよう
  • Chapter 7 プラグインを利用して機能を追加しよう
  • Chapter 8 Webサイトへの集客を強化しよう
  • Chapter 9 Webサイトを安全に運用しよう

 

なお、Lightningに関する説明は本サイトでも一部掲載しています。詳細は「WordPressテーマLightning(ライトニング)の使い方【VK All in one Expansion Unitも解説】」をご参照ください。

【徹底解説】WordPressテーマLightningの使い方【VK All in one Expansion Unitも解説】


 
 

本当によくわかるWordPressの教科書 改訂2版

  • 本当によくわかるWordPressの教科書 改訂2版
  • 赤司 達彦 (著) -2019/6/27
  • オススメ度:
    こちらも、Webサイト作成未経験でWordPressを学ぶ初心者を対象としたWordPress入門書です。書籍オリジナルのテーマを利用してホームページを作成していきます。「いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応」と比べると少し難易度が上がります。

 
2冊目は、「本当によくわかるWordPressの教科書 改訂2版」です。本書も、Webサイト作成未経験でWordPressを学ぶ初心者を対象としたWordPress入門書です。書籍オリジナルのテーマを題材にして、ホームページ型のサイトの作り方を解説しています。
 

内容としては、前述の「いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応」と同様に、初心者向けにレンタルサーバー(ロリポップを利用)の手続き、ドメイン取得からWordPressのインストール設定など、WordPressを始めるための準備から丁寧に解説しています。
 

前述の「いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応」との違いは、本書はショッピングカート機能などを追加する手順も解説・補足している点です。ただし、その都合上、「いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応」と比べると体感的に少し難易度が上がっているかもしれません。
 

本書の手順通りに操作するだけで、さまざまな状況に応じたWebサイトが作れますので、WordPressの使い方を覚えるのに役立つ貴重な一冊です。
 

■本書の内容

  • Chapter1 WordPressの利便さ
  • Chapter2 WordPressを使う準備をする
  • Chapter3 WordPressを導入する
  • Chapter4 WordPressの基本設定
  • Chapter5 テーマをインストールする
  • Chapter6 Webサイトの全体像をつくる
  • Chapter7 Webサイトのコンテンツの作成
  • Chapter8 プラグインで高度な機能を導入する
  • Chapter9 ショッピングカート機能を利用する
  • Chapter10 Webサイトへ集客する
  • Chapter11 Webサイトを安全に運用する
  • 付録 完全無料でWebサイトをつくる

 
 

はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第2版]

  • はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第2版]
  • じぇみじぇみ子 (著), 染谷昌利 (著, 監修) - 2019/2/23
  • オススメ度:
    個人ブログを作成することを目的とした初心者向けのWordPress解説本です。独自ドメイン+レンタルサーバー(エックスサーバーを利用)の契約・手続きからWordPressのインストール、基本的な使い方まで解説しています。ホームページ型のサイトではなくブログを作りたい人はこの一冊がおすすめです。

 

3冊目は、「はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第2版]」です。本書は、WordPressで個人ブログを作成したい初心者を対象にしたWordPress入門書です。初心者にとってわかりづらい独自ドメインの取得やレンタルサーバーの手続きから始まり、WordPressのインストールやWordPress基本的な使い方まで解説しています。
 

前述の2冊は「ホームページ型のサイト」を作成することを念頭に置いた解説書なのに対して、本書「はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第2版]」は、個人ブログを運営したい人向けの解説なので、ブログに関するノウハウも学ぶとができます。
 

本書の目次

  • 第1章 ドメインとサーバーをレンタルして、ワードプレスをインストールしよう!
  • 第2章 ワードプレスの初期設定を行って、ブログの本体を完成させよう!
  • 第3章 いよいよ、記事を書いてブログをスタートさせよう!
  • 第4章 ブログの記事に画像を入れて、もっと楽しい記事にしよう!
  • 第5章 できる限り、ブログは毎日更新しよう!
  • 第6章 ブログの見た目を変えてみよう!
  • 第7章 そろそろ、ブログでお金を稼ぐことも考えてみよう!
  • おまけ 「スマホで読まれる」ことを意識しよう!

 

WordPressで個人ブログを作りたい人を想定して解説した本なので、WordPressでホームページ型のサイトではなく、ブログ型のサイトを運営したい人にはおすすめの一冊です。
 

なお、当サイトでも最新のWordPress5.x系の使い方を「」に掲載していますので、合わせてご参考ください。
 

Web制作経験者・中級以上向け WordPressおすすめ本

中級者以上向けWordPress おすすめ本
 

ここからは、Web制作経験者・中級以上向け WordPressおすすめ本をご紹介していきます。
 

以降の本は、HTMLやCSSで静的なサイトを自作できることを前提として、オリジナルテーマ作成の仕方・プラグインの作り方を解説した本になります。HTML・CSSがわからない人は先に、HTML・CSSの勉強から始めると良いでしょう。
 

ここでは、3冊ご紹介します。
 

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)

  • WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
  • 中島真洋 (著), ロクナナワークショップ (監修)[出版2015年6月]
  • オススメ度
    HTML・CSSで静的なWebサイトを作れる人がワードプレス化したいという場合に非常にオススメの参考書です。

 

1冊目は、「WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)」です。本書は、WordPressテーマの自作・カスタマイズを解説した本です。HTML・CSSで構成された静的サイトをWordPressのテーマ化していく方法を解説しています。
 

内容的には、HTML・CSSでコーディングできる人を対象に、WordPressの基礎知識、独自テーマの作成、カスタマイズや運用まで、WordPressを使って本格的なWebサイトを構築・運用するためのノウハウを一通り取り上げています。
 

本書の目次

  • CHAPTER1 WordPressの準備と基本設定
  • CHAPTER2 基本的なテーマを作成する
  • CHAPTER3 プラグインを利用する
  • CHAPTER4 Webサイトを拡張する
  • CHAPTER5 投稿タイプ・フィールド・タクソノミーをカスタマイズする
  • CHAPTER6 ブロックエディターを使いこなす
  • CHAPTER7 管理画面をカスタマイズする
  • CHAPTER8 高度な機能を活用する
  • CHAPTER9 ショートコード・関数・プラグインを作成する
  • CHAPTER10 WordPressを効率的に運用する

 

本書を学習すると、テーマの基本機能だけでは実現できない機能を追加したり痒いところにも手が届くようになりますので、ワードプレスのテーマ自作やカスタマイズを考えている方にはオススメの一冊です。
 

私も初めてWordPressのテーマを自作する際に手にとって勉強した本が本書です。

 
 

WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。

  • WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。
  • 水野 史土 – 2019/8/27
  • オススメ度
    HTML・CSSはわかるけれど、PHPはやったことがない。でもWordPressで使うところを中心にPHPも覚えていきたいという人におすすめのPHP入門書です。(※注意)本記事執筆時点7月27日では第2版が最新ですが、第3版が2019年8月27日にの出版予定なのでもう少し待ってから第3版をご購入することをおすすめです。
     

 

2冊目は、「WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。」です。本書は、HTML・CSSはわかるけれど、PHPはやったことがない。でもWordPressで使うところを中心にPHPも覚えていきたいという人におすすめのPHP入門書です。
 

WordPressのテーマを中心にカスタマイズする際にPHPのコードの意味がわからず行き詰まっっている方や中身をちゃんと理解したい人向けに、WordPressの仕組みとPHPの基本、WordPressでよく使われるコードを解説しています。WordPress 5.x/Gutenbergにも対応している最新版です。
 

本書の目次(第2版)

  • CHAPTER1 WordPress+PHPの基礎知識
  • CHAPTER2 PHPの基本
  • CHAPTER3 WordPress特有のルール
  • CHAPTER4 WordPressで使われるコード解説

 

前述の「WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)」でPHPで書かれた記述がよくわからない人にもおすすめの一冊です。

 

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

  • サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル
  • 宮内 隆行(著) 西川 伸一(著) 岡本渉(著) 三好隆之(著) – 2014/7/18
  • オススメ度
    WordPressのプラグイン開発をしたいための解説書です。PHPがわかる中級以上向けの本ですが、WordPressプラグインを自作したい人にはおすすめの一冊です。

 

3冊目は、「サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル」です。本書は、その名の通り、WordPressのプラグイン開発をしたいための解説書です。
 

プラグインとは、スマートフォンのアプリケーションに相当する機能です。完全オリジナルの機能を自作することができます。
 

また、WordPressで重要なフィルターフックやアクションフック、データ構造やクエリについても学ぶことができるので、プラグイン開発だけでなくテーマ開発をしたい人にとっても有用だと思います。
 

本書の目次

  • 第1章 WordPressプラグインとはなにか?
  • 第2章 オープンソース/GPLライセンス/エコシステムについて
  • 第3章 プラグインの開発環境を作る
  • 第4章 プラグイン開発スタートアップガイド
  • 第5章 フィルターフックとアクションフックを理解する
  • 第6章 WordPressのデータ構造とクエリを理解する
  • 第7章 WordPressのセキュリティ対策
  • 第8章 管理画面
  • 第9章 WordPressのエラー処理について
  • 第10章 PHPUnitでプラグインのテスト駆動開発を行う
  • 第11章 WordPress APIリファレンス
  • 第12章 公式ディレクトリへ登録しよう
  • 第13章 プラグインの国際化対応
  • 第14章 マルチサイトについて
  • 第15章 プラグイン・クックブック

 

難しいそうですけど、楽しいそうですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、目的・レベル別にWordPressの勉強を始めたいおすすめの本を6冊ご紹介しました。
 

WordPressの参考書を購入するにあたって
今回、ご紹介した本は下記の通りです。

  • サイト作成未経験者向け・初心者向けWordPressおすすめ本
    • いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教える本格Webサイトの作り方
    • 本当によくわかるWordPressの教科書 改訂2版
    • はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第2版]
  • Web制作経験者・中級以上向け WordPressおすすめ本
    • WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
    • WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。
    • サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

 

たくさん勉強しないといけないですね!

 

なお、WordPressも日々最新バージョンが開発・リリースされています。書籍を読んだうえで、さらに最新の技術・詳細を勉強したい場合は「WordPress Codex 日本語版」などを参考にしていった方が良いでしょう。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

検索して記事を見つけたい方はこちら

検索して記事を見つけたい方はこちらにキーワードを入力してお探しください。

おすすめ記事3選

【WordPressの始め方総まとめ】ワードプレスブログの作り方9STEP

WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。

【WordPressホームページの作り方総まとめ 12STEPで解説】

WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。

【2020年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-,

© 2020 WEBST8のブログ Powered by AFFINGER5