ブロックエディター版 WordPress 投稿の使い方

WordPress

【ブロックエディター版】WordPress 投稿の使い方を徹底解説

投稿日:2019年6月13日 更新日:

WordPress(ワードプレス)を始めたばかりの初心者の方で、投稿の意味や使い方がよくわからず、悩んでいる方も多いのでしょうか。
 

ここでは、WordPress5.0から標準となったブロックエディター版の投稿の使い方について一通り説明していきます。
 


 

関連記事

WordPress5.0以前のクラシックエディター版に戻したい方、「【Classic Editor】WordPress5系でグーテンベルクから従来エディターに戻す方法」をご参照ください。

 

投稿の使い方や用途がいまいちわからなくって・・・固定ページとの違いもわからないし・・・

 
投稿はブログとして利用できる機能です。一般的には、お知らせやコラム、技術情報や時事情報などで使われることが多いです。ここでは、投稿の基本的な使い方から、固定ページとの違いまでまとめて説明していきますね!

 


 

WordPress 投稿とは

ワードプレスの投稿機能
 

投稿はブログとして利用できる機能です。一般的には、お知らせやコラム、技術情報や時事情報などで使われることが多いです。
 

WordPressの初期状態では、通常トップページで最新の投稿一覧が表示されています。

投稿一覧ページでは書いたブログが時系列順で一覧で表示されます

投稿一覧ページでは書いたブログが時系列順で一覧で表示されます


 

投稿はブログとして利用する機能

  • お知らせ・ニュース情報
  • コラム、論評
  • 技術情報、専門情報

(※)ワードプレスには、用途ごとに複数のブログに拡張して運用する機能(カスタム投稿機能)もありますが、中上級者向けのためここでは割愛します。カスタム投稿については「WordPress カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミー(カスタム分類)を徹底解説」をご参照ください。

 

固定ページと投稿の違い

「投稿」と同様にページを作成する機能に「固定ページ」という機能があります。
 

投稿と固定ページとの違いはなんなんでしょうか??

投稿と固定ページは似ているんですが、一般的に固定ページでは「会社情報」や「お問い合わせ」など決まった位置に決まった内容で表示しておきたいページを固定ページで作成します。
固定ページで作成したページは投稿一覧の中には表示されません。

 

ワードプレスの投稿と固定ページの違い
 

「投稿」はカテゴリーやタグによりページ同士をジャンル分けして一覧表示することができるのに対して、「固定ページ」は通常カテゴリーやタグという概念がなく、ページ単体で独立しています。
 

項目投稿固定ページ
特徴 ブログのようなコンテンツは投稿で作成する
例)コラム、技術情報、お知らせ・ニュース、イベント、商品ページなど
ページ単体で完結できるようなコンテンツを書くのに向いている。
例)トップページ、会社情報、お問い合わせ、アクセス、採用情報、ランディングページなど
できること
  • カテゴリー・タグによる投稿の関連付けができる
  • 投稿一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧から各ページを一覧表示できる
  • 複数のブログタイプ(カスタム投稿タイプ)を作ることができる
  • 固定ページ同士で親子関係を作ることができる
  • ページごとにデザインテンプレートを作成・選ぶことができる
できないこと
  • 投稿同士で親子関係を作ることができない。
  • ページごとにデザインテンプレートを選択することができない。
  • カテゴリー・タグによる投稿の関連付けができない
  • 固定ページ一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧などで各ページを一覧表示できない

 

 

WordPress5.0から実装されたブロックエディター

2018年12月末にリリースされたWordPress5.0から新しいエディターブロックエディターが標準になりました。これまでのクラシックエディター(ビジュアルエディターやテキストエディター)と違い、ブロック単位でコンテンツを作っていくエディターになります。
 

■従来のエディターと新しいエディター
従来のエディターと新しいエディター(Gutenberg)
 

新エディター(ブロックエディター)の編集画面


 

注意点

 
ホームページ Unavaiableグーテンベルクエディター(ブロックエディター)は、2018年12月にリリースされた比較的新しいエディターです。

現在、有名どころのテーマやプラグインはこの新しい順次エディターに対応していっていますが、全てのプラグインやテーマがこの新しいエディターに対応しているわけではないので、使い方によっては一部正常に動作しない場合もあります。

これからある程度利用者数の多いテーマやプラグインはじきに対応していくものと思われますが、今は過渡期にあたるので、注意しましょう。

 

合わせて読みたい記事

従来のエディター(クラシックエディター)の方が使い勝手が良い人もいるでしょうし、そもそも普段使っているプラグインがGutenberg未対応の場合はこれまで使っていた機能の一部が使えなくなります。その場合は、プラグイン「Classic Editor」を利用することで従来のエディターに戻すことができます。
詳しくは下記の記事をご覧ください。

【Classic Editor】WordPress5系でグーテンベルクから従来エディターに戻す方法

 

ここでは、新エディター(ブロックエディター)での投稿の使い方を説明していきます。
 

まずは投稿の追加・編集・削除方法を覚えよう

まずは基本となる投稿の追加・編集・削除方法を説明していきます。
 

投稿の追加方法

投稿を新規追加するには、投稿>投稿一覧をクリックします(投稿>新規追加でもOK)。
投稿>投稿一覧
 

投稿一覧画面が表示されます。「新規追加」ボタンを押下します。
投稿一覧>新規追加
 

投稿編集画面が表示されますので、まずはタイトルと文章を書いて、プレビューで確認してみましょう。


 

ページを公開しても良い場合は、「公開」ボタンを押下して保存しましょう。ページが公開されて一般の人も閲覧できるようになります。


 

エディターの詳しい使い方は後述の「エディターの基本的な使い方を覚える」で詳しく説明していきます。

 

投稿の編集方法

つぎに、一度作成した投稿の編集方法を説明していきます。投稿>投稿一覧をクリックします。
投稿>投稿一覧
 

タイトル下付近にマウスカーソルを合わせると「投稿編集」リンクが表示されますのでクリックします。
投稿編集のリンクをクリック
 

投稿編集画面が表示され、投稿記事を編集することができます。
投稿編集画面(ブロックエディター版)
 

クイック編集では簡単な情報を編集できます。

「クイック編集」では、簡単な情報を編集できます。
クイック編集
 

タイトルやカテゴリー、タグのほか公開状態などの情報が簡単に編集できます。
クイック編集

 
 

投稿の削除方法

最後に一度作成した記事の削除方法を説明していきます。投稿>投稿一覧をクリックします。
投稿>投稿一覧
 

タイトル下付近にマウスカーソルを合わせると「ゴミ箱」リンクが表示されますのでクリックします。
ゴミ箱に捨てる
 

以上で削除は完了です。
 

なお、誤って消した場合は、ゴミ箱リンクから復元することができます。
ゴミ箱リンクをクリック

元に戻したい投稿に対して、復元をクリックします。
復元
 

以上で、投稿の追加・編集・削除方法の説明は終わりです。ここからはより具体的なエディターの基本的な使い方を説明していきます。
 

本記事では、「Lightning」というテーマを使用した例で説明していきますので、同じテーマを利用したい方は「Lightning」をご利用ください。
WordPressテーマの適用方法はこちら
 
 

エディターの基本的な使い方を覚える

次に投稿作成時のエディターの基本的な使い方を説明していきます。
 

タイトルを文章を書いてみよう

先ほどの繰り返しになりますが、もう一度タイトと文章を書いてプレビューで確認してみましょう。


 

画像を挿入する

次に画像を挿入してみましょう。左上の+ボタンを押して「画像」を選択、自分の好きな画像を選択します。


 
 

見出しを挿入する

次に、見出しを挿入してみましょう。+ボタンを押して、「見出し」を選択します。見出しはH2・H3・H4と複数の見出しが用意されています。


 

見出しは本の章のようなものです。見出しは階層を持つことができます。h1が本のタイトルに相当して、H2は第1章・第2章、H3は第1-1章、第1-2章、H4は第1-1-1章、1-1-2章のような階層です。
 

見出しをつけることで文章が読みやすくなりSEO対策にもなりますので、適切な見出しをつけるようにしましょう。

 

リストを挿入する

リストのアイコンを選択すると、箇条書きを作ることができます。


 
 

投稿記事を下書き保存する

ある程度ページを作成したら、保存しましょう。下書き保存を選択すると、下書き(公開していない)でページを保存することができます。


 
 

投稿記事を公開をする

ページを公開しても良い場合は、「公開」ボタンを押下して保存しましょう。ページが公開されて一般の人も閲覧できるようになります。


 

下書きに戻す

一度ページを公開してから再度下書きに戻したい場合は「下書きに戻す」ボタンを押下します。


 
 

既存のブロックの間に挿入する

すでに作成したブロックとブロック境目にカーソルを合わせると、既存のブロックの間に新しいブロックを挿入することができます。


 
 

既存のブロックを移動する

既存のブロックの左側の矢印を選択すると、ブロックの順番を変更することができます。


 

SHIFTボタンを押しながら複数のブロックを選択した状態で矢印を選択すると、複数ブロックまとめて順番を変更することもできます。


 
 

既存のブロックを削除する

既存のブロックを削除したい場合は、既存のブロックを選択して、詳細設定アイコンを選択してブロックを削除をすることができます。


 

このように、新しいエディターでは「ブロック」と言われる単位を挿入していくことでページを作成していくことができます。

 

その他の様々なブロック

利用できるブロックはこのほかにもたくさんあります。初期状態で、ブロックエディターでは、下記のブロック種類が用意されています。
 

  • よく使うブロック
  • 一般ブロック
  • フォーマット
  • レイアウト要素
  • ウィジェット
  • 埋め込み

 


 

ここでは、割愛しますが、ブロックエディターの詳しい使い方は 「WordPress Gutenberg(ブロックエディター)の使い方を徹底解説」に記載していますので、ぜひご参照ください。

【2019年最新】WordPressブロックエディターの使い方を徹底解説


 
 

色々な投稿の設定方法

投稿には、アイキャッチやカテゴリ・タグの設定などの色々な設定ができます。設定は主に編集画面の右サイドバーから設定することができます。
投稿の編集画面 右サイドバー
 

ここでは、右サイドバーにある、アイキャッチやカテゴリ、タグの設定などについて説明していきます。
 

アイキャッチを追加する

ブログには「アイキャッチ」という、いわゆるサムネイル表示機能があります。アイキャッチを設定していると、記事の一覧表示で下記のようにサムネイルが表示されます。

ブログ一覧で表示されるアイキャッチ(サムネイル)

ブログ一覧で表示されるアイキャッチ(サムネイル)


 

アイキャッチは投稿編集画面右下の「アイキャッチ画像を設定」から設定することができます。
投稿>アイキャッチ画像の設定
 

下記のようにアイキャッチ画像を設定しましょう。


 

投稿一覧で、アイキャッチ画像が表示されていることがわかります。
投稿一覧 アイキャッチ画像が表示されている
 

ご利用のテーマ・設定にもよりますが、一般的にFacebookやTwitterでシェアした際にもアイキャッチに設定した画像が表示されます。

 
 

記事のURLを変更する

 
投稿の末尾のURLは下記のURLスラッグという箇所から変更できます。
パーマリンク URLスラッグの設定
 

下記のようにURLを変更してみましょう。


 

日本語URLは利用ケースによっては、「%5%2%....」のようにわかりづらい文字に変換されるので、当サイトでは半角英数字のURLに変更しています。

 

私のWordPressでは投稿ページのURLに日付も入っています。日付はいらないので消したいんですけどどうしたら良いでしょうか??

 

■URLに「/2018/06/14/」という日付が入っている
パーマリンク
 

投稿のURLについている日付(yyyy/mm/dd)は「設定」>パーマリンクから変更できます。投稿のURLの共通設定を変更することができます。

 

パーマリンクについて詳しい説明は「【やさしく解説】WordPressのパーマリンクの変更手順とおすすめ設定」に記載していますので合わせてご参考ください。

【やさしく解説】WordPressのパーマリンクの変更手順とおすすめ設定


 

パスワード付きページを作成する

公開範囲を設定することもできます。公開ボタンを押してパスワード設定することができます。
パスワード保護の設定
 

パスワード保護設定をしたページについては、パスワードを知っている人だけがページを閲覧できるようになります。


 
 

カテゴリーとタグを活用する

WordPressの投稿には、投稿記事をジャンル分けするためのカテゴリー機能と、投稿記事をタグ付けするタグ機能があります。
カテゴリーとタグの使い分け・違い
 

カテゴリーとタグを活用することで、サイトの利便性が向上し検索エンジン対策にもなるので、WordPressでブログをする方はぜひカテゴリーとタグを利用していきましょう。
 

カテゴリーを設定する

WordPressのカテゴリーは投稿の各記事をカテゴライズ・グルーピング化するための機能です。各投稿記事を下記のようにカテゴライズ(グルーピング)することができます。
WordPressでカテゴリーのつけ方。本サイトでの具体例
 

通常、投稿一覧や記事中にカテゴリ名が表示されており、リンクをクリックすると、そのカテゴリに該当する投稿一覧を見ることができます。
投稿一覧でカテゴリが表示されている
 

カテゴリーは、投稿の右サイドバーのカテゴリから設定できます。


(カテゴリーは投稿>カテゴリーから細かい設定ができますが、ここでは簡易な方法をご紹介しています。)
 

カテゴリーに関する詳しい説明は、「【徹底解説】WordPressの投稿カテゴリーの使い方と設定方法」をあわせてご参照ください。
 

適切にカテゴリ分けすることでユーザーに取って親切になりSEOでも効果を発揮します。

 
 

タグを設定する

タグは投稿の各記事をタグ付けするための機能です。タグとは「ふだ」「商品の値段・材質・製造会社名などをしるした札」です。WordPressにおいては「投稿記事を分類するために付ける小さな札」と思うと良いでしょう。
 
タグとは記事に付与するふせん・目印のようなイメージ
 

カテゴリと同様にタグも、投稿編集画面の右サイドバーから、設定することができます。
タグの設定
 


 

カテゴリーとタグってどう使い分ければ良いんでしょうか??

カテゴリーは記事をまとめたフォルダのようなイメージです。カテゴリーは親・子のように階層構造を持つことができるのに対して、タグは見た目の通り「札」というイメージなので階層構造を持つことはできません。

 

カテゴリーの概念イメージとタグの概念イメージ
 

タグに関する詳しい説明は、「【徹底解説】WordPressのタグの使い方と設定方法」をあわせてご参照ください。
 
 

投稿の一覧表示件数を変更する方法

投稿の一覧表示の件数は、初期状態では10件になっています。ここでは、投稿の一覧表示件数を変更する方法をご紹介します。
 

設定>表示設定を選択します。
設定>表示設定
 

一ページに表示する最大投稿数を表示したい件数に変更して保存します。
一ページに表示する最大投稿数を 表示したい件数に変更
 

以上で、設定は完了です。変更後の表示件数が設定した数字と合致しているか確認しておきましょう。
 
 

まとめ 投稿のおさらい

今回は、WordPressの新エディター「ブロックエディター」版での投稿の使い方について説明しました。
 

  • 投稿追加・編集・削除方法
  • エディターの基本的な使い方。タイトル・本文・画像・見出し・リスト、ブロックの挿入・移動・削除など
  • アイキャッチの追加方法
  • 記事URL(パーマリンク)の変更方法
  • 記事の公開方法。パスワード保護
  • カテゴリー・タグの使い方
  • 記事一覧の表示件数変更

 

WordPressの使い方は、自分で触ってみないことにはなかなかわからないことも多いと思いますので、興味がある方はたくさん触ってみて覚えてくださいね。

 

なお、WordPress5.0以前の従来のクラシックエディターを利用したい人はClassic Editorプラグインを導入することで利用できます。クラシックエディターへの切り替えについては、「【Classic Editor】WordPress5系でグーテンベルクから従来エディターに戻す方法」をご参照ください。
 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

合わせて読みたい記事

WordPressの基本的な使い方を「【2019年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説」にまとめました。WordPressの使い方をしっかり覚えたい方はあわせてご参考ください。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

 


弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

おすすめ記事3選

【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選

ブログアフィリエイトを本格的に始めるなら、広告の埋め込み機能をはじめ記事装飾・デザイン機能が圧倒的に豊富なブログに特化した有料テーマがおすすめです。 当ブログで利用している「AFFINGER5」や関連サイトで利用している「賢威」をはじめ、アフィリエイトでおすすめ・実績のあるテーマを5選ご紹介していきます。

【初心者向け】WordPressを使ったアフィリエイトの始め方を徹底解説

これから初めてWordPressでアフィリエイトを始めようと思った時に、まず何から手をつけたら良いかわからないという方が多いのではないでしょうか。 本記事では、WordPressでアフィリエイトを始めたい初心者を対象にアフィリエイトの始め方をご紹介していきます。

【2019年版WordPress(ワードプレス)の使い方総まとめ】

本記事ではWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方まで、総まとめ編として説明していきます。 WordPressの使い方をしっかり勉強したい方はぜひご覧ください。 (※)WordPress5.0から実装された最新のブロックエディター(グーテンベルグエディター)にも対応しています。

-WordPress
-, , , ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.