ブロックエディター版 WordPress 投稿の使い方

WordPress

【ブロックエディター版】WordPressの投稿の使い方を徹底解説

更新日:

本記事では、WordPress初心者の方を対象に、WordPressの投稿の使い方について説明していきます。
 

投稿の使い方や用途がいまいちわからなくって・・・固定ページとの違いもわからないし・・・

 
投稿はブログとして利用できる機能です。一般的には、お知らせやコラム、技術情報や時事情報などで使われることが多いです。ここでは、投稿の基本的な使い方から、固定ページとの違いまでまとめて説明していきますね!

 


 

WordPress 投稿とは

ワードプレスの投稿機能
 

投稿はブログとして利用できる機能です。一般的には、お知らせやコラム、技術情報や時事情報などで使われることが多いです。
 

WordPressの初期状態では、通常トップページで最新の投稿一覧が表示されます。

投稿一覧ページでは書いたブログが時系列順で一覧で表示されます

投稿一覧ページでは書いたブログが時系列順で一覧で表示されます


 

投稿はブログとして利用する機能

  • お知らせ・ニュース情報
  • コラム、論評
  • 技術情報、専門情報

(※)ワードプレスには、用途ごとに複数のブログに拡張して運用する機能(カスタム投稿機能)もありますが、ここでは割愛します。

 

固定ページと投稿の違い

「投稿」と同様にページを作成する機能に「固定ページ」という機能があります。
 

投稿と固定ページとの違いはなんなんでしょうか??

投稿と固定ページは似ているんですが、一般的に固定ページでは「会社情報」や「お問い合わせ」など決まった位置に決まった内容で表示しておきたいページを固定ページで作成します。
固定ページで作成したページは投稿一覧の中には表示されません。

 

ワードプレスの投稿と固定ページの違い
 

「投稿」はカテゴリーやタグによりページ同士をジャンル分けして一覧表示することができるのに対して、「固定ページ」は通常カテゴリーやタグという概念がなく、ページ単体で独立しています。
 

項目投稿固定ページ
特徴 ブログのようなコンテンツは投稿で作成する
例)コラム、技術情報、お知らせ・ニュース、イベント、商品ページなど
ページ単体で完結できるようなコンテンツを書くのに向いている。
例)トップページ、会社情報、お問い合わせ、アクセス、採用情報、ランディングページなど
できること
  • カテゴリー・タグによる投稿の関連付けができる
  • 投稿一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧から各ページを一覧表示できる
  • 複数のブログタイプ(カスタム投稿タイプ)を作ることができる
  • 固定ページ同士で親子関係を作ることができる
  • ページごとにデザインテンプレートを作成・選ぶことができる
できないこと
  • 投稿同士で親子関係を作ることができない。
  • ページごとにデザインテンプレートを選択することができない。
  • カテゴリー・タグによる投稿の関連付けができない
  • 固定ページ一覧、カテゴリー一覧、タグ一覧などで各ページを一覧表示できない

 

 

(補足)2018年12月から新しいエディター(ブロックエディター)になりました

2018年12月から、WordPressの固定ページ・投稿を編集するためのエディターが新エディター(ブロックエディター)になりました。
 

従来のエディターがWord感覚で文章・写真を入れていくのに対して、新しいエディターはブロック単位でパーツを追加してコンテンツを作っていく形になります。
 


 

■従来のエディターと新しいエディター
従来のエディターと新しいエディター(Gutenberg)
 

従来のエディター(クラシックエディター)の方が使い勝手が良い人もいるでしょうし、そもそも普段使っているプラグインがGutenberg未対応の場合はこれまで使っていた機能の一部が使えなくなります。
 

その場合は、プラグイン「Classic Editor」を利用することで従来のエディターに戻すことができます。詳しくは下記の記事をご覧ください。

【Classic Editor】ワードプレス5.0にグーテンベルクから従来エディターに戻す方法


 
 

ブロックエディターの基本的な使い方

まずはブロックエディターの基本的な使い方を中心に説明していきます。
 

タイトルを文章を書いてみよう

まずはタイトルと文章を書いて、プレビューで確認してみましょう。


 

画像を挿入する

次に画像を挿入してみましょう。左上の+ボタンを押して「画像」を選択、自分の好きな画像を選択します。


 
 

見出しを挿入する

次に、見出しを挿入してみましょう。+ボタンを押して、「見出し」を選択します。見出しはH2・H3・H4と複数の見出しが用意されています。


 

見出しってなんでしょうか?見出し2を使わないといけないんですか??
見出しは本の章みたいなものです。通常、投稿のタイトルに見出し1が使われているので、投稿本文では見出しH2以下を使用するのが一般的です。
なるほど!ちなみに見出しがH2、H3、H4と複数あるのは何故なんでしょうか?

見出しは階層を持つことができます。
h1が本のタイトルに相当して、H2は第1章・第2章、H3は第1-1章、第1-2章、H4は第1-1-1章、1-1-2章のような階層ですね

 

見出しとは本の章のようなもので、見出しをつけることで文章が読みやすくなりSEO対策にもなりますので、適切な見出しをつけるようにしましょう。
 

リストを挿入する

リストのアイコンを選択すると、箇条書きを作ることができます。


 
 

下書き保存・公開をする

ある程度ページを作成したら、保存しましょう。下書き保存を選択すると、下書き(公開していない)でページを保存することができます。


 
 

公開をする

ページを公開しても良い場合は、「公開」ボタンを押下して保存しましょう。ページが公開されて一般の人も閲覧できるようになります。


 
 

下書きに戻す

一度ページを公開してから再度下書きに戻したい場合は「下書きに戻す」ボタンを押下します。


 
 

ブロックの挿入・移動・削除

既存のブロックの間に新たにブロックを挿入したり、既存のブロックを移動したり、削除することもできます。
 

既存のブロックの間に挿入する

すでに作成したブロックとブロック境目にカーソルを合わせると、既存のブロックの間に新しいブロックを挿入することができます。


 
 

既存のブロックを移動する

既存のブロックの左側の矢印を選択すると、ブロックの順番を変更することができます。


 

SHIFTボタンを押しながら複数のブロックを選択した状態で矢印を選択すると、複数ブロックまとめて順番を変更することもできます。


 
 

既存のブロックを削除する

既存のブロックを削除したい場合は、既存のブロックを選択して、詳細設定アイコンを選択してブロックを削除をすることができます。


 

このように、新しいエディターでは「ブロック」と言われる単位を挿入していくことでページを作成していくことができます。

 
 

色々な投稿の設定

投稿には、アイキャッチやカテゴリ・タグの設定などの色々な設定ができます。設定は主に編集画面の右サイドバーから設定することができます。
投稿の編集画面 右サイドバー
 

ここでは、右サイドバーにある、アイキャッチやカテゴリ、タグの設定などについて説明していきます。
 

アイキャッチを追加する

WordPressでは「アイキャッチ」という、いわゆるサムネイル表示機能があります。アイキャッチを設定していると、投稿一覧でサムネイルが表示されます。
 

アイキャッチは投稿編集画面右下の「アイキャッチ画像を設定」から設定することができます。
投稿>アイキャッチ画像の設定
 

下記のようにアイキャッチ画像を設定しましょう。


 

投稿一覧で、アイキャッチ画像が表示されていることがわかります。
投稿一覧 アイキャッチ画像が表示されている
 

ご利用のテーマ・設定にもよりますが、一般的にFacebookやTwitterでシェアした際にアイキャッチに設定した画像が表示されます。

 
 

カテゴリを設定する

投稿では、記事ごとにジャンル分けするためのカテゴリ機能があります。。通常、投稿一覧や記事中にカテゴリ名が表示されており、リンクをクリックすると、そのカテゴリに該当する投稿一覧を見ることができます。
 

投稿一覧でカテゴリが表示されている
 

カテゴリは、投稿の右サイドバーのカテゴリから設定できます。


 

適切にカテゴリ分けすることでユーザーに取って親切になりSEOでも効果を発揮します。

 
 

タグを設定する

カテゴリと同様にタグも、投稿編集画面の右サイドバーから、設定することができます。
 

タグの設定
 


 

人によっては、カテゴリよりも使用頻度は低いケースも多いですが、タグをうまく活用することで、サイト内でカテゴリからもタグからも検索できるようにもなりますので、積極的に利用しましょう。

 
 

記事のURLを変更する

 
投稿の末尾のURLは下記のURLスラッグという箇所から変更できます。
パーマリンク URLスラッグの設定
 

下記のようにURLを変更してみましょう。


 

日本語URLは利用ケースによっては、「%5%2%....」のようにわかりづらい文字に変換されるので、当サイトでは半角英数字のURLに変更しています。

 

パスワード付きページを作成する

公開範囲を設定することもできます。公開ボタンを押してパスワード設定することができます。
パスワード保護の設定
 

パスワード保護設定をしたページについては、パスワードを知っている人だけがページを閲覧できるようになります。


 

便利なブロック。ブロックエディターの色々な使い方

次に、便利なブロックや、もう少し色々なエディターの使い方を説明していきます。
 

クラシックブロックを挿入する

フォーマット>クラシックを選択すると、従来のクラシックエディターをブロックとして挿入することができます。


 

2018年12月以前のワードプレスに備わっていた従来のエディターですね

 
 

HTMLとして編集する

詳細設定で「HTMLとして編集」を選択すると、既存のブロックをHTMLのソースコードとして編集することができます。


 
ただし、独自に編集したものはそのままブロックに戻すことができなくなるので注意です(以降もHTMLとして編集する形になります)
 
 

2カラム(2列横並び)のレイアウトを作成する

レイアウト要素>2カラムを選択すると、2列横並びのブロックを挿入することができます。


 

■表示例
2列横並びの例
 

今まで横並び表示するのは難しかったので、これは便利な機能ですね!!

 
 

カバーで背景をつける

一般ブロック>カバーを選択すると、背景に画像を設定してその上に見出しや段落を入力することができます。


 
 

色々なそのほかのブロック

新しいエディターの基本的な使い方は前述の通りです。利用できるブロックはこのほかにもたくさんあります。初期状態で、ブロックエディターでは、下記のブロック種類が用意されています。
 

  • よく使うブロック
  • 一般ブロック
  • フォーマット
  • レイアウト要素
  • ウィジェット
  • 埋め込み

 


 

そのほかの詳しいブロックの説明は 「WordPress Gutenberg(ブロックエディター)の使い方を徹底解説」に記載していますので、ぜひご参照ください。

【2019年度最新版】WordPressのブロックエディター(通称Gutenberg)の使い方を徹底解説


 
 

まとめ

今回は、WordPressの新エディター「ブロックエディター」版での投稿の使い方について説明しました。
 

  • 投稿の基本的な使い方。タイトル・本文・画像・見出し・リストなどの基本的な使い方
  • ブロックの挿入・移動・削除
  • URLの変更や、アイキャッチの設定、パスワード保護などの投稿の設定。
  • 記事の公開・下書きなどの公開設定

 

WordPressの使い方は、自分で触ってみないことにはなかなかわからないことも多いと思いますので、興味がある方はたくさん触ってみて覚えてくださいね。

 

ホームページの作り方に関する記事一覧はこちらをご参照ください。
【ここだけ見れば作れちゃう!】初心者向けホームページの作り方まとめ

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

『自分で作る選択を!』

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 

『自分で作る選択を』
自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室

自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室 WEBST8

-WordPress
-, , , , ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.