【初心者向け】WordPressを使った アフィリエイト・ブログの始め方

WordPress アフィリエイト

【初心者向け】WordPressを使ったアフィリエイトの始め方を徹底解説

投稿日:2019年8月8日 更新日:

これから初めてWordPressでアフィリエイトを始めようと思った時に、まず何から手をつけたら良いかわからないという方が多いのではないでしょうか。
 

今回は、WordPressでアフィリエイトを始めたい初心者を対象にアフィリエイトの始め方をご紹介していきます。
 

WordPressでアフィリエイトを始めようと思ったんだけど。「ドメイン? サーバー?」
調べたらいろいろ出てきて、進まなくなりました・・・

基本は、レンタルサーバーとドメインを契約してWordPressをインストール。あとはひたすら記事を書いていく形になります。今回は「エックスサーバー」を利用してWordPressでアフィリエイトを始める方法をご紹介していきますね。

 


 

はじめに WordPressを使ったアフィリエイトの始め方

はじめに、今回は下記の手順でWordPressを使ってアフィリエイトを始め方をご紹介していきます。
 

  1. レンタルサーバーを契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを連携する
  4. WordPressをインストールする
  5. WordPressのテーマを決める
  6. WordPressの投稿機能でブログを書く
  7. ASPに登録してアフィリエイトリンクを作成する
  8. (補足)ブログを書きながら色々な使い方を覚える

 

ここでは、上記に沿って説明していきたいと思います。

 
 

(1)レンタルサーバーを契約する

Webの仕組み サーバー
 
まずレンタルサーバー会社でサーバーを契約します。
 

レンタルサーバーとはインターネット上の建物に相当します。レンタルサーバーを提供している会社として、エックスサーバー、さくらインターネット、ロリポップなどが有名でよく利用されています。
 

本格的にアフィリエイトをスタートする場合、大量アクセスに強いレンタルサーバー「エックスサーバー」がおすすめです。
 

関連記事

スペックも含めたレンタルサーバー詳しい比較は「【徹底比較】WordPressにおすすめのレンタルサーバー有名3社比較」に掲載しています。気になる方はあわせてご参考ください。

 

まずはエックスサーバーにアクセスしてアカウントを作成しましょう。エックスサーバーは下記より開設することができます。
 

エックスサーバーのページにて、サーバー無料お試し「お申し込みはこちら」をクリックします。
エックスサーバーの申し込みボタンをクリックします。
 

エックスサーバーのお申し込みフォームから新規お申し込みを選択します。
エックスサーバー 新規お申し込み
 

以降、フォーム内容に沿って、情報を入力して進めてください(通常、プランはX10プランを選択すればOKです。)
エックスサーバー お申し込みフォーム
 

(以降、案内に従ってアカウント開設を進めていってください。)
 

アカウント開設まで進めて、管理パネル(InfoPanel)にログインした状態まで進めてください。
エックスサーバー インフォパネル
 
 

(2)独自ドメインを取得する

レンタルサーバーを契約した直後は、初期ドメインというレンタルサーバーのサブドメイン(xxxx.xsrv.jp)が利用できる状態です。このサブドメインは実際のビジネス・ブログには不向きです。そこで通常は、自分専用のドメイン(独自ドメイン)を取得して利用します。
 

ここでは、インターネット上の住所に当たる独自ドメインを取得する手続きを実施していきます。
Webの仕組み ドメインを取得する
 

レンタルサーバー会社がエックスサーバーであれば、そのままエックスサーバーで独自ドメインを契約することができます。
 

InfoPanelにて、「サービスお申し込み」を選択します。
エックスサーバー インフォパネル
 

(補足)キャンペーンドメインがあるかも?

キャンペーン期間中にエックスサーバーに申し込んだ人はキャンペーンドメイン(無料で一つ取得できる)があるかもしれません。事前に念のため、キャンペーンドメイン・プレゼントドメインを選択して確認しておきましょう。
 
キャンペーンドメイン
 
下記のように表示される場合は、キャンペーン対象ではないので無視してOKです。
キャンペーンはないので無視してOK
 
キャンペーン対象の場合は、上記からドメインを取得しましょう。

 

エックスドメインで「新規申し込み」を選択します。
エックスサーバー エックスドメイン新規申し込み
 

内容を確認して、「同意する」ボタンをクリックします。
エックスサーバー エックスドメイン内容に同意
 

取得したいドメイン名を入力して、ドメイン名をチェックを選択します。
エックスサーバー エックスドメイン 取得したいドメインを入力
 

(※)独自ドメインは、「xxxx(自分の欲しい名前)」×「トップレベルドメイン」の組み合わせからどれにするかを選ぶ形になります。どれにするべきか悩んでいる場合は、とりあえず「.com」を選んでおくと無難でしょう。

 

取得したいドメイン名にチェックを入れて、「お申し込み内容の確認・料金のお支払い」を選択します。
エックスサーバー エックスドメイン 取得したいドメインを選択
 

支払い方法を選択します。クレジットカードを選択するとすぐにドメインが取得できるので便利です。(振込などの場合は実際に振り込んでからドメイン取得となります)
クレジットカード選択
 

画面に従って支払いが完了させましょう。
エックスサーバー エックスドメイン 支払い完了
 

以上で独自ドメインの取得は完了です。
 
 

(3)独自ドメインとサーバーの連携をする

次に取得した独自ドメインをレンタルサーバーで使う設定をしていきます。InfoPanelのトップから、ご契約一覧からサーバー>「サーバー管理」を選択します。
エックスサーバー ご契約一覧からサーバーパネルを選択
 

ServerPanel(サーバーパネル)に移動します。「ドメイン設定」を選択します。
エックスサーバー サーバーパネル
 

エックスサーバーでは、契約系の設定を管理するInfoPanel(インフォパネル)と、サーバー系の設定を管理するServerPanel(サーバーパネル)系の2つの管理画面があります。

ここではサーバー系の設定ということでServerPanelに移動しました。


 

「ドメイン設定追加」を選択します。
エックスサーバー ドメイン設定追加を選択
(無料独自SSL設定やXアクセラレータは初期のチェックが入ったままでOKです。)
 

ドメイン名を入力(.comや.netまで入れましょう)して、「確認画面へ進む」を選択します。
エックスサーバー ドメイン名(.comや.netまで入れる)を入力
 

内容を確認して、「追加する」を選択します。
エックスサーバー 内容を確認して次へ進む
(この際、SSLの設定に失敗と表示されることがありますが、あとで設定すれば良いので気にしなくてOKです)
 
 

(4)WordPressをインストールする

これでレンタルサーバーの契約とドメインの登録が完了してWebサイトを構築する準備が整いました。家に例えると今はマンションを契約直後の状態で家具も何もない状態です。ここからはサーバー(建物)の中にWordPress(中身)をインストールしていきます。
 

エックスサーバーのサーバーパネルより、WordPress>「WordPress簡単インストール」ボタンをクリックします。
サーバーパネルでWordPress簡単インストールを選択
 

WordPressインストールをクリックします。
WordPressインストールを選択
 

対象のドメイン名であることを確認して、WordPressのインストール情報を入力して「確認画面へ進む」を選択します。
WordPressインストール情報を入力
 

設定項目

  • ブログ名:サイトのタイトル(例. ホームページの作り方・WordPressの使い方ブログ)を入力
  • ユーザー名:半角英数文字で任意の名前を入力します
  • パスワード:複雑なパスワードにしましょう
    (ユーザー名とパスワードはWordPressにログインする際に利用しますので忘れないようにしましょう。)
  • メールアドレス:任意の自分のメールアドレスを入力します(WordPressのパスワード忘れ時などに利用します)
  • キャッシュ自動削除:基本的に「ONにする」でOKです。
  • データベース:基本的に「自動でデータベースを生成する」でOKです。

 

内容を確認して「インストールする」をクリックします。
インストールするをクリック
 

インストールが完了しました。ユーザー名・パスワードなどメモしたのち、管理画面URL(http://インストール先/wp-admin)をクリックしてWordPressのログイン画面を開きましょう。
内容をメモしてWordPressの管理画面URLをクリック
 

(※)時間が経過していない場合、下記のように無効なURLです。と表示されます。その場合は1時間くらい経過してから再度アクセスしてみましょう。
まだ反映待ちの状態。しばらく待ちましょう

 

設定が反映されると、http://インストール先/wp-adminでアクセスすると、WordPressのログイン画面が表示されます。先ほどワードプレス簡単インストールで入力したユーザーIDとパスワードを入力してログインします。

 

下記のような管理者画面が表示されます。ここで、ワードプレスの操作を行なっていきます。
WordPress 管理者画面
 

以上でエックスサーバーにWordPressをインストールする手順は完了です。ここからはWordPressの操作が中心となっていきます。
 

エックスサーバーの操作で不明点があればサポートに問い合わせしましょう。

エックスサーバーを契約すると、メールや電話でサポートデスクに問い合わせすることができます。InfoPanelの左下に「サポートお問い合わせ」があります。
エックスサーバー のサポートお問い合わせ
 

よくある質問などが書いてありますので、事前に確認後必要に応じて問い合わせしましょう。
エックスサーバー のサポートお問い合わせ

問い合わせの際はできる範囲で具体的な質問を書くと、明確な答えが返ってきます。

 
 

(5)WordPressでデザインテンプレート「テーマ」を設定する

まずはWordPressでデザインテンプレートとなる「テーマ」を設定していきましょう。
 

人に例えると、「服」のようなイメージになります。テーマ(服)を変更することで、見た目や外観の変更・関連機能を変更することができます。
WordPressテーマのイメージ テーマ≒服
 

WordPressでは、無料・有料含めて様々なテーマがリリースされています。利用者は多数あるテーマの中から自分に合うデザイン・機能のテーマを利用することができます。

WordPress テーマ 追加画面

WordPress テーマ 追加画面


 

WordPressでは品質の高いテーマが多数あるので、自作しなくても綺麗なデザインのホームページを作ることができます。

 

ここでは、無料のブログ用テーマ「stinger」を例に、インストール手順をご紹介します。
 

まずは下記のstinger公式サイトにアクセスします。
無料WordPressテーマ「STINGER」 ~ SEOに強いブログ作成テンプレート
 

ダウンロードリンクを押下します。
stinger トップページ
 

利用規約を確認して、stinger8をダウンロードしましょう。(※)同ページにstinger plus2 というテーマもありますが、ここではよりシンプルな機能のsinger8を選択します。
stinger8のダウンロード
 

通常、パソコンのダウンロードフォルダにstinger8.zipがダウンロードされます。
downloadsディレクトリにstinger8.zipがダウンロードされます。
 

次に、WordPressでzipファイルをアップロードします。WordPressの外観>テーマから新規追加ボタンを押下します。
WordPress テーマ 新規追加
 

テーマのアップロードボタンを押下します。

WordPress テーマのアップロード

WordPress テーマのアップロード


 

ファイルを選択ボタンを押下します。

WordPress テーマのアップロード

WordPress テーマのアップロード


 

先ほどの手順でダウンロードしたzipファイルを選択します。
downloadディレクトリにstinger8.zipがダウンロードされます。
 

今すぐインストールボタンを押下します。
stingerをアップロード後今すぐインストールボタンをクリック
 

インストール完了後回画面に遷移しますので、有効化ボタンを押下します。
stinger インストール後に有効化をクリック
 

テーマ「stinger」が有効化されていることを確認してトップページを表示します。
テーマ「stinger」が有効化されていることを確認してトップページを表示
 

テーマ「stinger」用の外観になっていることを確認して完了です。
テーマ「stinger」用の外観になっていることを確認
 

ここでは、Stingerの詳しい使い方は割愛します。先ほどダウンロードした公式サイトに使い方が掲載されていますので必要に応じてご確認ください。
 
 

(6)WordPressの投稿機能でブログを書く

ではWordPressでブログを書いていきましょう。ここでは基本的な使い方に絞ってご説明していきます。
 

管理画面から投稿>新規追加をクリックします。
ワードプレス>投稿>新規追加
 

投稿画面が表示されます。まずはタイトルと文章を書いて、プレビューで確認してみましょう。


 

次に画像を挿入してみましょう。左上の+ボタンを押して「画像」を選択、自分の好きな画像を選択します。


 

次に、見出しを挿入してみましょう。+ボタンを押して、「見出し」を選択します。見出しはH2・H3・H4と複数の見出しが用意されています。


(※)見出しとは本の章のようなもので、見出しをつけることで文章が読みやすくなりSEO対策にもなりますので、適切な見出しをつけるようにしましょう。
 

ページを公開しても良い場合は、「公開」ボタンを押下して保存しましょう。ページが公開されて一般の人も閲覧できるようになります。


 
 

補足 Classic Editorを導入する

前述の説明で利用した投稿編集画面は、WordPress5.0から新しくエディター(ブロックエディター)です。以前はクラシックエディターというWord(ワード)に似たエディターが長らく標準エディターとなっていました。
 

従来のエディターと新しいエディター(Gutenberg)
 

従来のエディター(クラシックエディター)の方が使い勝手が良い人もいるでしょうし、ご利用のテーマがClassic Editorを想定しているものも2019年8月時点ではまだ多くあります。
 

プラグイン「Classic Editor」を利用することで従来のエディターに戻すことができます。ここでは、「Classic Editor」を追加していきます。
Classic Editor

 

管理画面から、プラグイン>新規追加を選択します。
プラグイン>新規追加
 

「Classic Editor」をインストールします。
プラグイン「Classic Editor」をインストールする
 

プラグイン「Classic Editor」を有効化します。
Classic Editorを有効化する
 

以上で設定完了です。固定ページや投稿の編集画面を開いて、下記のようなエディターになっていればOKです。
従来のClassic Editorに戻っていることを確認
 

クラシックエディターと新エディターを併用することもできます。詳しくは「【Classic Editor】WordPress5系でグーテンベルクから従来エディターに戻す方法」をご参照ください。
 
 

(7)ASPに登録してアフィリエイトを行う

ブログが書けるようになったらASPに登録しましょう。
アフィリエイトの基本 広告主とASPとの役割

ASPとは、Affiliate Service Provider(アフィリエイトサービスプロバイダー)の略です。広告主(企業)とブロガー(個人)の仲介を行い、トラブルが起きないように契約の管理や金銭の管理・取りまとめを行う事業者のことを指します。
 

関連記事
アフィリエイトの仕組みやメリットデメリットについて改めて確認したい方は「「【アフィリエイトとは】初心者向けにアフィリエイトの仕組みや特徴をやさしく解説」を合わせてご覧いただけますと幸いです。

【アフィリエイトとは】初心者向けにアフィリエイトの仕組みや特徴をやさしく解説

 

ASP事業者は他にもたくさんありますが、初心者にオススメなのは審査なしですぐ登録できる「A8.net」です。国内最大手でたくさんの広告プログラムが揃っています。

 

A8.netこ登録するとアフィリエイトプログラムの提携ができるようになります。自分のブログのジャンルに近いアフィリエイトプログラムと提携すると、広告素材を選べるようになります。
広告リンクをクリック
 

好きなバナーまたはテキストの広告リンクのコードをコピーします。
広告リンクのコードをコピー
 

WordPressの投稿画面で「テキスト」を選択して、コピーした広告リンクを貼り付けます。
Classic Editor版 テキストを選択して広告コードを貼り付ける
 

プレビューを見てアフィリエイトリンクが表示されていればOKです。
アフィリエイトリンクが表示されました
 

ブロックエディターを利用している場合

新エディター(ブロックエディター)をご利用の方は、ブロック選択時にフォーマット>カスタムHTMLを選択して、アフィリエイトコードを貼り付けます。
フォーマット>カスタムHTMLを選択
 

コピーしたコードを貼り付ける

 

以上で、WordPressでアフィリエイトを始める準備は完了です。アフィリエイトの基礎やWordPress、ライティングなどを勉強しながらブログをどんどん書いていきましょう。
 
 

(補足)ブログを書きながら色々な使い方を覚える

今回は、基本を説明しましたが、ここでは補足としてブログを書きながらさらに色々な使い方を覚えていきましょう。
 

独自SSLを設定しよう

最近では、SSLという技術でセキュリティ的に保護された通信が主流になってきています。
 

SSL化の説明図2
 

この操作をしなくてもブログは書けますが、後から設定するよりも最初に設定した方が手間がかからないので、できれば最初の方に設定してしまいましょう。
 

エックスサーバーにインストールしたWordPressにSSLを設定する方法を「【徹底解説】エックスサーバーでWordPressにSSL(https化)を設定する方法」で解説していますので詳しい手順は下記をご覧ください。

【徹底解説】エックスサーバーでWordPressにSSL(https化)を設定する方法


 
 

有料テーマを検討しよう

WordPress 有料テーマと無料テーマの比較
 
WordPressでは、無料で利用できるテーマと、有料で購入できるテーマがあります。無料テーマでも数千以上のテーマがリリースされており、公式登録されたテーマは、一定の品質基準もクリアしているため、品質の高いサイトを作ることができます。
 

もちろん無料テーマでもハイレベルなブログサイトを作る事はできます。ただし、ブログで大切な記事のレイアウトや装飾など有料テーマの方が圧倒的に機能豊富で、初心者でも記事の見せ方を工夫できるので、有料テーマの方がおすすめです。

 

本格的にブログを作るならやはり有料テーマがおすすめ
  • 無料テーマでも品質の高いサイト・ブログを作成することができる
  • 一般的に有料テーマは事装飾機能やテーマのデザイン・SEO・広告設定機能が無料テーマよりもかなり充実している
  • 有料テーマは購入特典でマニュアルやサポートを受けられるところが多い

(※)無料テーマでもプラグインやHTML・CSSをつかった装飾・カスタマイズをすれば、有料テーマ並みのデザイン・機能追加は可能です。ただし、初心者にとってその手間は大変であり記事執筆にも集中できないのでブログ目的の場合は、やはり特化型のテーマがおすすめです。

 

当ブログでは、「AFFINGER5」を利用しています。このほかにもおすすめのブログアフィリエイト向けのテーマを「【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選」にご紹介していますので合わせてご参照下さい。

【2019年度】WordPressブログアフィリエイトにおすすめのテーマ5選


 
 

WordPressの使い方をもっと覚えよう

今回は、最低限のWordPressの使い方をご紹介しましたが、WordPressでメニューバーを作る方法やスマートフォンのアプリのような機能「プラグイン」を利用する方法なもっとたくさんの使い方があります。
 

WordPressの導入から使い方まで総まとめとして、「【WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説」に記載しています。
 

WordPressの使い方を把握しておきたい方は合わせてご参照ください。

【2019年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説


 
 

素材サイトを利用しよう

実際にホームページを作って行く際に、良い画像がなくて素材不足になることがよくあります。また、ネットで検索して出てきたものは著作権で保護されているものもたくさんあるので安易に使ってはいけません。
 

ネットには、自由に使えて商用利用可能な画像素材サイトもたくさんあります。「【おすすめ素材サイト総まとめ】ホームページで使えるフリー・有料素材25選」にホームページ作成に使えるおすすめ素材サイトを一挙紹介していきますので、是非ご参考ください。

【おすすめ素材サイト総まとめ】ホームページで使えるフリー・有料素材25選


 
 

まとめ 実戦でブログを書いて覚えていきましょう

まとめです。今回は、WordPressでアフィリエイトを始めたい初心者を対象にアフィリエイトの始め方」をご紹介しました。
 

  1. レンタルサーバーを契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを連携する
  4. WordPressをインストールする
  5. WordPressのテーマを決める
  6. WordPressの投稿機能でブログを書く
  7. ASPに登録してアフィリエイトリンクを作成する
  8. (補足)ブログを書きながら色々な使い方を覚える

 

まだまだ慣れない部分は多いですが、少しずつ頑張っていきたいと思います。

WordPressの使い方もブログを書くのも慣れが大事です。ブログをどんどん書いていってアフィリエイトを実践していってください。

 

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。
 

『8月中最大2万円割引キャンペーン実施中』

弊社は、自分でホームページを作ることを推奨しています。「業者に任せたけど、更新ができない」「本で独学は時間がかかりすぎる・・」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか。

個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。
無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

詳細はこちら


 


 

-WordPress, アフィリエイト
-, , , ,

Copyright© WEBST8 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.